ayacondensers.andare.tokyo
12.29 八王子MatchVox:透明に
すごくいいお天気だった。 八王子に近付く程に冷たくなって行く風。広くなって行く空。 「そうだ、都心よりちょっと寒いんだった」 その感覚もまた、懐かしくて嬉しい。 12.29(sat) 東京・八王子 MatchVox "年末!八王子わっしょい2018 〜第四夜〜 necozeneco & カルナロッタ presents 「今夜は忖度必要なし!」" 出演:necozeneco / カルナロッタ / Loostripper / MOQJI / FAKE STANCE / 上上Brothers / Andare ・Andare member:Key.Vo.国吉亜耶子 / Gt. 星直旗 / Ba. 福島優子 / Dr.Cho.西川真吾 2018年necozenecoとご一緒する機会が多かった。 そんなことを振り返る。誘ってもらえたのもきっと、そういうことなんだろなぁと思うと、勝手に嬉しくなった。 ご一緒したことがあるトリのnecozenecoはバッチリ締めくくり、新ギタリストを迎えたMOQJIさんも良かったし、上上Brothersさんのおしゃれマイペース感も相変わらずで。 necozenecoと共同企画バンドのカルナロッタさん、FAKE STANCEさんは熱量と勢いあるライブで、Loostripperさんは玄人を感じさせる大人な音楽。 本当にノンジャンル。色々な音楽が揃ったもんだ。でもでもきっと、何か共通項があるのだろな。 表面的にはわからない部分。 リハーサルが無かったので、リハーサルで1曲そのまま通し本番に。 星くん、優子りんとは今年ラスト。ふたりとたくさん一緒にステージに立てて嬉しい。4人ライブの今年の締めくくり。 "MatchVox"と後ろに刻まれている。 そんな写真がまた嬉しい。ライブは本当に楽しかった。適度な緊張感もあった。 入り口の方からドリンクカウンターの方まで、お客さんの顔が隅々まで見えた。表情も全てが見えたし、想いまで見えてしまう瞬間がある。 そういう時は苦しくなってしまう。 相手の感情が飛んでくると、自分の感情と向き合うことになる。 そんな時は透明になりたいと思う。見えるのはいい。見られるのは嫌だ。 なんて有り得ないことを考える。 私の気持ちなんて、誰にも見えるはずが無いのに。