ayacondensers.andare.tokyo
札幌には、すぐに会いたいと思う人が居る
朝早起きしてモーニングをいただき、 荷物をまとめる。 キャリーに入れて持って帰るものと、 段ボールに入れて送るもの。 迫るチェックアウトの時間。 慌てて2度に分けてロビーへ運んだ。 札幌にいる間で一番のいいお天気。 札幌駅ビルに空が反射する。 こんな日に帰らなきゃならないなんて悔しい。 振り返ったら目が開けられないほどの眩しさだった。 駅ビルに入っている回転寿司を食べようと行ってみたが、 すでに大・大・大行列。 待ちの番号もあと40番ほど先だった。 2時間はかかりそうだな。 チェックアウトの時に、 まだ降りてきていないと思っていて、 荷物を送る段取りや荷物の整理をロビーでしていた。 そしたら西川氏は見えないところでとっくに待っていた。 西川氏をだいぶ待たせてしまった。 「もっと早く出れたらそんなに待たなかったのに」 と西川氏に言われて、 そうだよな。 私はマイペースだから気をつけなければならないな。 そんな風に思うのは何度目だろうか。 「気をつけなければならないな。」 という心掛けすらマイペースなのだ。 そのまま空港へ向かった。 空港で海鮮丼をいただけた。 すごく美味しかった。 やっと海鮮をいただけた。 大満足。 出発の空。 ちょこっとおやつを食べて、 窓の外をぼんやりと眺めていたら、 ぐっすりと眠ってしまった。 もうすぐ到着。 向こうの方に富士山が見えた。 帰ってきたんだな。 いい天気。 帰りたくない。 すごく楽しかった、すごく。 人の温かさをこれでもかというほどにたくさん感じた。 今、欠けたとこが埋まるように。 日々のこと きちんとブログに綴ります。 ありがとう札幌 また会える日まで皆さん どうかお元気でいて メリークリスマス🎄 良いお年をお迎えください。 pic.twitter.com/sgR3d0S0w6 — Ayako KUNIYOSHI (@AyakoKuniyoshi) 2018年12月25日 ツイッターに書いていた。 本当にそう思う。 今回の札幌の旅。 人の優しさや温かさにたくさん触れて、 自分の心に一番必要な成分を たくさん吸収出来たような気がする。 寒いの苦手なのに、 本気で帰りたくない。 そう思ったもんな。 札幌の皆さん、 本当に本当にありがとう。 また会いたいと思う人がいる。 すぐに会いたいと思う人がいる。