ayacondensers.andare.tokyo
専用エレベーター
早起きの日。 渋谷からいつものバスに乗る。 このバスに乗る時は、 雨の確率がちょっぴり高め。 バスにはいつもこの子がいる。 山手線渋谷駅のホームから見えた景色。 もう何年も工事中の渋谷駅。 歩道橋を歩いている人の多さに驚く。 こんなにたくさんの人がいるのに、 出会う人は限られている。 言葉を交わす人なんて一握り。 過去に交差して、 今はどこで何をしているか、 わからない人もたくさん居る。 どちらかと言うと、 そんな人ばかりだ。 縁というのは本当に不思議だね。 大事にしなきゃとそう思いながらも、 過去にお付き合いをして来た人たちに対しては、 一切思い出して欲しくないなんていう、 そんな思いもどこかにあったりして。 そういう人だけにしか、 見せていない部分がたくさんありすぎて、 きっと私の記憶に無いことばかりだから。 「その場所は専用エレベーターでしか行けない」 「専用エレベーターには選ばれた特別な人しか乗れない」 過去に言われた言葉を急に思い出した。 ここ最近、本当にそうなのだと思う。 "ノンフィクション"を聴きながら。