ayacondensers.andare.tokyo
そういうこと、かな?
10月31日のライブへ向かう途中。 駅のホームで電車を待っていた。 小さな女の子が、 「すみません、これ開けてください。かたくて」 そう言って、 ジュースのペットボトルを差し出した。 「はい」開けて渡した。 「ありがとうございます」 そう言ってジュースを飲んだ女の子は、 ホームでクルクルーと踊っていた。 チラチラとこちらを見ながら。 ちょっと離れたところからやって来て、 私と彼女の間には何人も大人は居たのに、 わざわざ私のところまで女の子は来た。 同じ年齢くらいと思ったのかな。 それとも力持ちに見えたのかな。 そのことを思い出しながら、 考え事をしながら歩いていたら、 迷子になった。 そしたら月明かりがキレイで、 「月だけを撮りたい」そう思った。 都内の住宅街で、 そんな場所はなかなか無いぞ。 探して探して、また迷う。 30分くらい歩き回って、 やった!見つけた! あ、もしかしたら、 女の子と似ているのかもしれない。 ダンスしたい気持ちになったもんな。 そういうことか、いや違うか?