asia-hacks.com
【F流 読書の仕方】買った本を徹底的に自分のものにする7つの方法 | Asia-Hacks アジアハック
【F流 読書の仕方】 買った本は、とことんメモして、自分のものにする! 皆さんは、どのように読書を楽しんでますか? 今回は、最近 自分が実践している本の読み方をまとめてみました。 主に実用書や学術書、深く考え込む本には、有効だと思います。 買った本を徹底的に自分のものにする7つの方法 写真は、執行草舟さんの「根源へ」(講談社刊)。わたしの座右の書の一冊です! 1,買った本は、徹底的に汚す! 自分で買った本は、自分の所有物です。 バラバラにしようが、ページを破ろうが自由です。(オススメはしませんが!) わたしは、自分で買った本をメモ帳の如く、どんどん傍線を引き、 感動した箇所を書き出し、マーキングして徹底的に活用していきます。 ただし、これは買った自分の本だけで出来ることです。 以下の場合は、絶対に書き込みやマーキングをしてはいけません! ・図書館で借りた本 ・友だち、他人から借りた本 ・自分の本では無い本 時々、図書館で借りた本に鉛筆で傍線やチェックマークが入っています。 前に読んだ方の品格、品位を疑います。 マーキングされた本は、すでにその本の本来の価値に第三者の価値観が上書きされてしまい 純粋に作者の意図を汲めなくなる恐れがあります。 本を読む人は、作者の考えを読みたいのであって、マーカーのお節介はいらないのです。 逆に、自分で買った本は、どんだけ本の上に、自分の価値観を上書きしても良いのです! 2,三色ペン、四色ペンで傍線または下線を引いていく 三色ペンもしくは四色ペンを使って、どんどん傍線を引いていきましょう。 私の場合は、概ね 赤色:重要だと思った箇所 青色:重要だと思った箇所を説明している箇所 根拠 緑色:素敵な表現や箇所 黒色:反論、疑問、不明な箇所 基本的には、青色をベースとしてどんどん傍線引いていきます。 感覚で「ここ」と思った時に、赤や緑に変えて行きます。感覚ですね! 単色だとどこが大事か分からないので、ルールは自由でも多色の方が良いと思います。 3,重要部分は版面外にどんどん書き出して、覚えていく 強く感じた箇所や感動したセンテンスは、版面の外側に書き出していきましょう。 ページ中であなたが最も感じた文字列が、赤文字などで書き出してあれば 一目でそのページのポイントがよみがえってきます。