asia-hacks.com
【アジアの街角】台湾高鐵 台中駅にあるダンボール喫茶が面白い | Asia-Hacks アジアハック
【アジアの街角】台湾高鐵 台中駅にある ダンボール喫茶が面白い 台湾高速鉄道 高鐵 台湾新幹線の台中駅 実はその台中駅は台湾鉄道 台鉄の烏日駅とつながっています。 その高鐵台中駅と台鉄烏日駅との間にある喫茶店がなかなかおもしろいです! お店の名は 「紙箱王 Carton King」火車餐廳 (汽車レストラン) 中はダンボールを中心にしたいろいろな作品を売っているお店とレストランがあります。 何しろ、徹底したダンボールと紙の世界! テーブルから椅子、内装のいたるところがダンボールを中心に創作してあります。 椅子が特に良く出来ています! 子供用の椅子まで、すべてダンボール。 強度もしっかりしていて、なかなかどうして、環境にも優しい感じ! コップももちろん紙コップですが、見てください!おしゃれです! 店内のいたるところにも、駅らしい大型作品が飾られています! 私は台湾新幹線の中で駅弁をしっかり食べてきたので、アイスティーを頼みました! お茶の入れ物がこちら!上の穴からストローを入れます。お持ち帰りに便利! しかも、飲んだ後は、中身を捨てれば貯金箱に変身です。エコですね! 「コップとお茶」 おしゃれな陶器でエレガントにコーヒー、紅茶を楽しみたい方には、 ちょっと物足りないかもしれませんが、 なんか異空間的で、私には新鮮です。 きっと、子供が喜ぶと思います! 店内は比較的落ち着いています。ゆっくり商談をするには最適です。 キッズコーナー? ダンボール以外にも紙の造形物もありました! キャッシャーまでダンボール! レストランの隣に併設されているお店の壁には、 いろいろなダンボール動物の数々! 「パンダさん」 「ブタさん」 「キリンさん」 「大きな木」 お店の中は、紙製品、ダンボール製品の数々! おみやげに最適かも! バックから帽子、財布まで、ここまでこだわられると、すごいの粋です! お店の外もいろいろなオブジェでいっぱい。 食事やお茶までしなくても、ちょっと新幹線の待ち時間におみやげ屋さんをのぞいても面白いかもしれません!