asia-hacks.com
【カンボジア旅紀行3】IKTT 伝統の森 クメール絹絣 森本喜久男さん | Asia-Hacks アジアハック
【カンボジア旅紀行3】 IKTT 伝統の森 クメール絹絣 森本喜久男さん 2016年7月26日から31日までカンボジアに視察に行ってきました。 その寄稿文を写真とともにまとめていきたいと思います。 第1回はカンボジアの子ども達 でした。 第2回はカンボジア伝統の森 飯田小学校 でした。 今回は 第3回です。 2016年7月26日から31日までカンボジアに視察に行ってきました。 今回のツアーは龍馬プロジェクト全国会会長の神谷宗幣さんの企画したツアーです。 (詳細は巻末に) 訪問先はIKTT 伝統の森 カンボジア シュリムアップから車で約1時間半のところにあります。 訪問する場合は一日かけて行く必要があります。1泊ゲストハウスに泊まるのがお薦めです! クーラーなし、22時に電気も消えて、虫のさえずりを聞きながら、蚊帳の中で寝る完全自然体験です。 このIKTT(クメール伝統織物研究所)伝統の森をご紹介する際に忘れてはならないのが、 森本喜久男さんです。森本さんについては、後半で詳しく紹介いたします。すごい方でした! クメール伝統織物 絹絣について 「本当に美しい」としか言いようのないクメールのゴールドシルクを使ったハンドメイドの絹絣 染色はすべて天然素材。今でも、いろいろな色の研究が進められています。 一本一本紡いでいく。一本一本手作業で最高の絹糸にしていく。 ゴールドシルクは、触るとしっとりしている。触った後は、肌がすべすべする。 素人でも最高級である事が分かる。 天然染めの作業の完全手作業。近代的機械は何もない。 服飾業界では、すでにプレミア的存在のMorimoto Silk! 天然で且つ丁寧に紡がれた絹糸はまっすぐではない。 一本一本が生きているように波打っている。この波が、肌触りや着心地に反映される。 羽織ったときに、体を包み込む、 森本さんに言わせれば、「この波がゆらぎ」だそうだ。 フランスの有名 服飾デザイナーRalph Lauren氏が カンボジアの伝統の森まで直接来て、 うちのブランドで扱いたいと熱望されてそうだ。 それだけ、業界ではMorimoto Silkは有名なのだ! すべての工程が美しい。