asia-hacks.com
【カンボジア 旅日記2】カンボジア 伝統の森 飯田小学校 | Asia-Hacks アジアハック
【カンボジア旅紀行2】カンボジア伝統の森 飯田小学校 2016年7月26日から31日までカンボジアに視察に行ってきました。 その寄稿文を写真とともにまとめていきたいと思います。 第1回はカンボジアの子ども達 でした。 【カンボジア 旅日記1】カンボジアの子供達 | Asia-Hacks アジアハック今回は 第2回です。 2016年7月26日から31日までカンボジアに視察に行ってきました。 今回のツアーは龍馬プロジェクト全国会会長の神谷宗幣さんの企画したツアーです。 (詳細は巻末に) 訪問先は飯田小学校 カンボジア シュリムアップから車で約1時間半のところにある、IKTT伝統の森にある飯田小学校。 飯田小学校は長野県飯田市の援助によって設立されたので、飯田小学校と呼ばれています。 毎年、春には飯田市の生徒さんやボランティアが訪問し、交流を進めているようです。(巻末参照) この小学校は1年生と2年生のみで、3年生以上の郊外の小学校まで通わなければならない。 授業は午前中のみ。先生は、近くの村からやって来てくれます。 今日は三桁の足し算をしていました。 ほとんどの子ども達がサンダルか裸足でした。 授業後は、みんなと記念撮影。 授業が終わると、みんな一斉に外に駆け出します! カンボジアの学校は、まだ未整備で外国の援助を頼って何とか学校を作り、先生をお願いしているようです。 写真撮影が終わるとみんな木登りをしたり、元気に遊びます。 飯田小学校 長野県飯田市教育委員会が主催する「高校生海外研修」と「NPOふるさと南信州緑の基金」のレポート 【IKTT 伝統の森】 この飯田小学校の横に、森本喜久男さんが作られた伝統の森があります。 ほとんどの生徒がこの伝統の森の住人です。 伝統の森 森本喜久男さん そしてクメール絹絣については後日報告します! 下記参照 カンボジアに村をつくった日本人 on Strikingly カンボジアの旅 続く! 神谷宗幣さんについて