asia-hacks.com
【取材後記】あの震災で、台湾が日本にしてくれたことが圧倒的すぎる!COURIER JAPON@講談社 | Asia-Hacks アジアハック
【取材後記】あの震災で、台湾が日本にしてくれたことが圧倒的すぎる! COURIER JAPON@講談社 2016年4月20日に講談社のWebマガジン クーリエ・ジャパンに記事が掲載されました。 取材過程で撮った写真を中心にご紹介いたします。 【発表後の反応】 4月20日に発表された当日、クーリエジャポンのアクセス数は15000PV超を記録しました。 クーリエジャポンのFBでも、3600のいいねと370のシェアを頂きました。 皆さん、311東北大震災での台湾からの援助に感謝していたことが分かりました。 これを機にもっと日本の台湾への理解や絆を深めるために、さらに精進邁進したいと思っております。 読んで頂いた方、いいねやコメントそしてシェアして下さった方、ありがとうございました。 【執筆の経緯1】 2011年3月11日あの時間に私は東京四谷にいました。当日は帰宅難民になり、 一夜を知り合いの施設で過ごし翌朝朝一番で何とか運転再開されていた電車を乗り継ぎ自宅まで帰りました。 二日後の3月13日には、もともと予定されていたフライトで羽田から台湾に渡りました。日本から仕事上のお客様が台湾に来る予定でしたが、当然キャンセルになりました。 台湾に渡ってから、福島第一の事故が発生し、台湾でも震災関連のニュースが連日報道されていました。【下2へ続く】 【執筆の経緯2】その後、3月18日の台湾でのチャリティー番組を見て、心熱くなった想い出が今でも鮮明に残っています。 そのころ、日本から緊急避難する台湾人など日本から来た人は、全員空港で放射能のチェックを受けなければならなくなっていました。 台湾の友人からも、私と家族の安否の連絡をひっきりなしに頂きました。 【執筆の経緯3】 その年2011年の秋、訪日していた台湾のVIPから、慈済会の東北でのボランティア活動について、知っているかと聞かれ。 「知らない」というと、後日 「慈済 Tzu Chi Monthly」という雑誌と台湾でのTV報道番組で放映された「八田與一」のビデオを送られたのでした。 【執筆の経緯4】