asia-hacks.com
【取材後記】鴻海を敵視するのは大きな間違い!現代ビジネス@講談社 | Asia-Hacks アジアハック
【取材後記】鴻海を敵視するのは大きな間違い! 現代ビジネス@講談社 2016年4月19日に講談社のWebマガジン 現代ビジネスに記事が掲載されました。 台湾の知り合いや台湾駐在のJapanese ビジネスマンからは、好評いただけたのですが、 評判はいまいちでした。 今年の4月に日本の代表的家電メーカー「シャープ」が台湾の新興企業の鴻海に買収されました。 その内容は、すでにご存じの方も多いと思います。 3月30日、日本経済史上初めて、大手家電メーカーが外資の傘下に入ることが決まった。創業104年を誇るシャープが、創業42年の台湾の鴻海グループに買収されたのだ。鴻海は、もともと日本企業の下請けから成り上がってきた企業。下克上と言っても良いかもしれない。 日本では、外国企業しかも台湾企業に日本のトップメーカーが買収された事をセンセーショナルに報道する姿勢が見えました。 台湾を本当に理解していない 特に鴻海の郭台銘が、外省人であるという点で彼を親中派、ひどいものになると「彼は中国人だ」と安易に解説する雰囲気には違和感を覚えました。 外省人というレッテルで、親中派と決めつけるのは、現代の台湾を知らない。今の台湾では、外省人・内省人という枠組みで、親日、親中、親米など全く決められない。世代、出身地、家庭、教育など環境によって複雑に形成された、いろいろな思想の台湾人がいるのが今の台湾だと感じています。 どこまでも日本人が正しくて、外国人が悪いという構図を取りたがるマスコミ 特に印象的だったのは、交渉の最終局面で偶発債務約3500億円の存在が発覚して買収金額が1000億円減額された点においても、「これが中国人のやり方だ。(彼は台湾人だが、(?笑!))」「最初から計画的だったんです。」と何の根拠を持ってそんな中傷をするのか、理解不能であった。それが愛国であるならば、それは大きな間違いだと思った。そんな時だけは、台湾の義援金(親日印象)はそっちのけだ。