asia-hacks.com
【アジアの街角】高雄図書館は日台合作のモダンなオアシス | Asia-Hacks アジアハック
【アジアの街角】高雄編 Vol.2 高雄図書館は日台合作のモダンなオアシス 世界で最も自然光の降り注ぐ、一面ガラス張りの緑の多い図書館。 開放感抜群で、都心の知的オアシスが高雄の出現しました。 高雄図書館総館 URL: 開館時間 10:00~22:00(土曜日、日曜日 21:30入館締め切り) 祝日の開放時間10:00~17:00(16:30入館締め切り) 大晦日閉館,每週月曜日休館 ↓交通情報・地図は巻末に記載しております↓ 台湾の劉培森建築師と日本の伊東豊雄チームの合作設計で建築された図書館だそうです。 私に気を遣ってくれる台湾の人は、「この図書館は日本人の設計だ」と教えてくれ、 台湾に誇りを持っている人は、「この図書館は、劉培森の設計だ」と教えてくれましたが、 どちらも正解でした。日台合作の成果ですね! 1階2階部分は、吹き抜けで、1階と2階の建物部分はレストランが入っています。 図書館入り口は、3階です。エスカレーターで入ります。 なぜか、わくわくしてきます! 図書課入り口 第一印象はとても明るいです! 入り口部分には、新書コーナーが充実しています。中央のらせん階段もおしゃれ! 閲覧コーナーが何しろ多い〜!全面ガラス張りなので、壁が無い!ここなら一日いてもゆったり読書できそうです! 芸術コーナー 何しろ今までの暗くて、狭い図書館とは違います。窓側やコーナー上部にも閲覧コーナーが並びます。 視聴覚コーナー 日本メーカーの大型画面でグループでもゆったり見られるように工夫されていました。 5階にある日本語コーナー 日本の雑誌も充実していました! 昭和6年に台湾日日新報社から発行された「陳中和翁伝」が展示されていました。 もちろん、日本語で書かれていますよ。 日本時代の台湾の遺産を肯定的に評価してくれる台湾に感謝です! 6階部分の中央吹き抜けでくつろぐ青年!各階の緑の廊下は出入り自由です。すぐに外に出られる開放感も良いですね!