asia-hacks.com
【アジアの中の日本人】台湾鉄道の父 長谷川謹介 | Asia-Hacks アジアハック
台湾近代鉄道の父 写真は、戦前 台北駅の停車場にあった長谷川謹介の銅像 長谷川謹介(はせがわ きんすけ) (1855.8.10―1921.8.27 山口県出身) 「縦貫鉄道の設計者」 縦貫鉄道の設計士1899年、45歳の時、「臨時台湾鉄道敷設部技師長」として台湾に渡り、1906年台湾鉄道部部長に就任。 1908年4月20日、台湾縦貫鉄道全線開通、その年の12月には帰国。その後、日本で鉄道院副総裁など勤める。 ちょっと注意! 台湾の鉄道は日本人が最初から最後まで作ったと勘違いしている人がいます。 最初に台湾に鉄道を引いたのは、清の劉銘傳(りょう めいでん)という人です。 1887年から1893年までの間に、基隆から新竹の間の約100キロを建設しています。 なお、この点について、台湾からコメントが届きましたので、下に転記します! この事実を知らないで、台湾鉄道の話をすると、台湾の方に失礼ですよ! なお、台湾にはこの劉銘傳氏の功績を讃えて、銘傳大学があります。 昔は、可愛い子が多いことで有名な女子校だったのですが、男女共学の大学になってしましました。 なお、後日Facebookで 台湾のAaronさんからコメントがありました。 これも貴重で重要な台湾の方からの意見なので、転載しておきます。 Arronさん、コメントありがとうございました。 これからも、皆様の貴重なコメントお願いいたします。