ami-go-trip.com
ベルリンの食べ物から考える日独サービス業の違いと、シンプル料理が助ける女性の活躍 | Ami-Go! -Travel and Lifestyle Blog from Japan
こんにちは、コミュニティマーケティングコンサルタント・NPOLunchTrip共同代表理事の松澤亜美です。 先週は出張でドイツに行っていました。今はギリシャサントリーニでこのブログを書いてます。 食について、そしてサービスについて気づいたことを書いてみますね。 まず私の食コンディションとして ・朝食は毎日ホテルバイキング(これをやってしまうと地元の食事をあまり食べれない;;)。 ・昼食・夕食もサンドイッチ・パスタ・サラダなど。チームディナーで行ったアジア料理は撃沈。 ・土日はお祭りフードがメイン。 基本的に地元の職をすんごく楽しみたい人なのですが、出張で地元のお店にほぼ行けなかった。。トルコ系移民が多いからケバブがものすごく美味しいという噂も聞いていたのに、残念ながら行く暇なしでした。 Berlinの地元フードといえば Currywurst ウィンナーにカレー粉とケチャップをかけたもの、と言いますが、あまりカレーは感じなかった。ポテトと一緒に食べるのが定番だそうです。私たちはクリスマスマーケットで食べました。 美味しかったもの ・クリスマスマーケットGENDARMENMARKETで食べた、鹿のお肉シチューと、グルーワインと(ホットワイン)ウィンナー美味しかったなあ! クリスマスマーケットの中にPOP UPレストランみたいなものが沢山出ていて、そこでいただきました。ホテルGrand Hyattで食べたドイツライ麦パンやシュトーレンも、美味しかった。 おすすめカフェ Steel Vintage Bikes Café & Restaurant 工業国ドイツは車だけではなくて良い自転車メーカーもたくさん。自転車屋さんのカフェは、ベルリンには珍しく朝早くから空いていました。 朝からグルーワイン(ホットワイン)を飲んだ人が一人(笑)。私が食べたアボカドサンドも、ベリーワッフルも新鮮ですごく美味しかったのでおすすめ! 感想 ドイツ人は全体的に食にそんなに興味がない?! ・基本的に、普段の夕食はコールドフード(チーズ、プレッツエル、サンドイッチなど)。あったかい物は食べない。ちなみに昼はかなりの量を食べるそう。夜にたくさん食べないのは健康には良いのかも! ・じゃがいも、ウィンナー、アスパラガス、そしてケバブが名物らしい