amayadori.co.jp
【ぬれぎぬ】広田淳一ロング・インタヴュー 4/4 戯曲『ぬれぎぬ』の固有性
(※記事内容に『ぬれぎぬ』の致命的なネタバレを含みます。また、インタヴューの前提になっているのはプレヴュー時の『ぬれぎぬ』です。) ◆◆◆セミパブリックに代わる劇空間◆◆◆ ───広田さんは、今作ではとくにダイアローグに力を入れているように思えますが。 広田:そうだね。『月の剥がれる』の時に、自分でも自覚したことだしお客さんの感想でも言われたことだけど、あれはポエムとモノローグの要素が強くて、ダイアローグが弱い戯曲だった。もとより自分でもダイアローグを書くのが得意だとは思っていなかったから今回頑張ってみようかなと、そんなところはあります。 ───そこでお訊きしたいのは……これは上演台本を購入した方にしか分からないことですが、台本の冒頭に、『ぬれぎぬ』の執筆方針として「セミパブリック、に代わる新しい劇空間をテキスト、演出の両面から構築すること」という文言が掲げられていますよね。その言葉と、今作ダイアローグに力を入れたということはどう関係するのでしょうか。 広田:まず言えるのは、そもそも日本人ってパブリックな場でもとくに発言しない人が多いなって認識が僕にはある。だからセミパブリックな場だったら言葉が交されるということも実際は少ないよなって思っていて。自分が演出家としてやってても、どういうメンバーであっても大抵みんな発言しない。本当に発言する人が少ない。それは僕自身も色々ぶつかりながら勉強してきましたけど、その経験から思うのは、結局、もうちょっと狭い人間関係の中でないと言葉を発する切迫感は生まれないんじゃないか、そしてプライヴェートな状況でこそ重みのある言葉も出て来るんじゃないか、ってことです。あと、僕自身がそういう狭さの中での対話の方に興味を持っている、ということもあると思う。 &nbsp