amayadori.co.jp
【ぬれぎぬ】広田淳一ロング・インタヴュー 1/4 「悪と自由」三部作vol.1『ぬれぎぬ』の構想(ネタバレほぼなし)
◆◆◆ロングラン公演としての『ぬれぎぬ』◆◆◆ 広田淳一がとことん語り尽くすロング・インタヴュー! 『ぬれぎぬ』のことはもちろん今後のアマヤドリのことなど、色々突っ込んで聞いてみました。収録日4月4日・全四回。 (※記事内容に若干の『ぬれぎぬ』のネタバレを含みます) ───まずは、小劇場演劇としては珍しいロングラン公演としての『ぬれぎぬ』についてお聞きしていきたいと思います。今回、シアター風姿花伝でのロングランが決まってから、『ぬれぎぬ』という作品を構想する際に、そのことはどの程度考慮に入れたのでしょうか。たとえば劇団員のみのキャスト構成、ダンス・群舞などの身体表現は使わない、簡素な舞台美術、といった要素は、ロングラン公演をやるということからの制約によって決まっていった要素なのでしょうか? 広田:うーん、ロングランは正直そんなに意識はしていないですね。ただ、舞台美術に関してはどういう作品構想であっても簡素にはしたと思いますが。今回は一ヵ月ロングランという企画に予算を突っ込んだから、逆に美術はいつもより簡素にしてやろうかと。こういう企画の場合、ほんとにお客さんが見たいのは豪華な美術じゃないだろうし、舞台美術で本格的に「凄いな」って思わせるためにはやっぱそれなりに金掛けなきゃならないから、中途半端に金掛けるくらいなら、全然掛けない方がいいかなと。それよりも俳優の演技、作品の強度っていうところで勝負してやろうかと。 ───でもそれは俳優の実力を信じていないとできないですね。 広田:そう。だから今回は俳優にとってはハードルの高い公演だね。 ───どの方も見事にこなしてらっしゃると思います。まだまだ良くなるとも思いますが。 広田:うん、まだまだですよ。感想で「上手いな」って言ってくださったりしてありがたいのだけれど、僕ら的にはまだまだなんだなってことを凄く実感しています。まだまだ上はあるよね。一ヵ月のロングラン、非常にやりがいのある時間になりそうです。 ───あとは、今回劇団員のみのキャスト構成ということも、ロングラン公演という条件からの一つの帰結なのでしょうか? &nbsp