amayadori.co.jp
アマヤドリ、劇団員募集に伴う劇団web説明会!
説明会参加者。[主宰・広田淳一/マスコット・雨天くん/参加希望者、新人花子さん] ―――劇団員募集! だそうですが……。 雨天くん(以下、雨天) というわけで、劇団員募集! っちゅうことになったわけですね。 広田 そうです、そうです。 雨天くん まあ、劇団員募集のページに書かれていることを踏まえて、ここでいろいろと聞いていきたいと思います。参加希望者の方もいるし。 参加希望者・新人花子(以下、花子) あ、よろしゅうたのんます。 広田 おや、関西弁? 花子 まあ、はい。そういう設定っちゅうことで。 雨天 えーと、なんでも劇団の体制が大きく変わるということですので、まずはそのあたり聞かせてもらえますか? 広田 基本的には今とそんなに変わるわけじゃないんです。一番大きな変更は俳優が出演したいからと言って必ず出演できるわけじゃない、ということですかね。演出家に出演者を選別する権利が与えられたわけです。 雨天 今まではそれが無かった? 広田 まあ、実際上、少人数芝居をする際にはそういう権限を僕が持っていた、と考えられますが、基本的には出たいと言った劇団員俳優はすべて出演させてきました。例外は無いんじゃないかな……。 花子 はー、そうやったんかあ。 広田 ええ。今現在、実際にこのようなルールで運営しているな、といっていいことを明文化したに過ぎないですね。 花子 ほな、劇団員募集のページにあったようなルール? 文章はは今までも内部には存在してはったんですか? 広田 文言としては、ありませんでした。もっと形式的な約款は一応、あったんですけど、そっちは見たこと無い人もいるんじしゃないかな……。 雨天 じゃあ、実際上は何も成文法みたいなものは無かったわけですね。 広田 そうです。だからこそ、今回、明文化してみたのです。 花子 え、なんでですの? 広田 いや、劇団員募集とかってこういう風な、入ったあとのルールを明確にしていないことが多いじゃないですか? そういうのは不親切だと思ったんです。で、あらぬ誤解を生んでいるな、と。だから、それをあえて明文化した、っていうことが一番の体制の変化だろうな、と思います。