adpa.cc
NLPとは | ADPA(アドパ)
NLPとはNLPとは、Neuro Linguistic Programmingの略です。神経(Neuro)言語(Linguistic)プログラミング(Programming)を意味します。 1970年代に、リチャード・バンドラーとジョン・グリンダーが、「特定の分野に卓越した人々」の成功の秘密を徹底的に研究し、開発しました。 五感(視覚、聴覚、身体感覚、嗅覚、味覚)と言葉を使って脳をプログラムすることです。 脳の取り扱い説明書だと言われています。脳に影響を与えるのが五感であり、五感は脳にプログラミングをするキーボードのような役割になります。 質問が空白を作り出す 質問が空白を作り出し、私たちの潜在意識は、空白を埋めようとします。その空白を埋める段階で、新たな気づきが生まれます。 つまり、自問自答(質問)の質が、私たちの一日の状態に大きな影響を与えます。 私たちは、無意識のうちに、自問自答を繰りかえてしています。肯定的な質問を多くすることで、肯定的な物事に焦点が向きやすくなります。 モデリング 上手くいっている人のような結果を得るためには、上手くいっている人をモデリングする事が、一番の早道です。 成功者になりたければ、まず成功者が実現している現実を観察して、どんな信念がその現実を引き寄せているかを考えること。 成功者が持っている信念を理解したら、どんな行動をすれば、その信念が手に入るかを考えてみる。 そして、行動や体験、経験をマネしてみることです。 行動を積み重ねてゆくことで、信念が書き換わってゆきます。 フレーミング フレームミングとは、物事を見る視点です。 私たちの体験は、フレーミングによって、何が起こったのか認識しています。 出来事自体には、意味はありません。出来事の意味を決めているのがフレーム(視点)です。 フレームが変われば、物事の意味が変わります。 フレームが変われば、意味が変わり、反応が変わり、行動が変化してゆきます。 行動が変化してゆくと人生が変化します。 ラポール(信頼関係)を築く 人は、「親近感」を感じる人に、「安心感」を感じます。 つまり、ラポールを築くためには、相手に近い関係だと感じてもらう必要があります。 そのためには、相手に合わせることです。 相手に合わせられる部分を見つけて、共通点を作りあげていきます。