adolf45d.com
ゴーストランドの惨劇 (Incident in a Ghost Land) | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
パスカル・ロジェの新作。6年ぶりだ。 あれこれ説明するより好事家のあいだでは、「マーターズの監督のシト」と言ったほうがわかりやすいだろう。そう、あの変態だ。 「トールマン」は駄作だったがDVDは一度観賞されることをお勧めする。監督本人がインタビューに答える映像が特典として収録されているからだ。目のイったボディランゲージのせわしない、なんか頭おかしい感じのオジサンを見ることができる。本作や「マーターズ」がより不気味に思えるので必見だ。 今回は、何故わざわざこれを横浜の「シネマ ジャックアンドベティ」まで観に行ったのか記憶にないが、最近は映画自体全然観てなくて、多分夏から半年ぶり?たぶんそれぐらい久しぶりだったと思う。 ふっと時間ができて、たまたま近くを通りがかったから観たんだが、個人的にパスカル・ロジェが好きなわけでも何でもない。つうか好きだったらやべえだろう。何度か入院して服薬治療してそうだ。 しかし、「マーターズ」はな〜んか記憶に引っかかる映画で、あの時の嫌な気持ちとゾクゾクしたいや〜なスリルはどこか忘れられないものがあった。久しぶりに観る映画がパスカル・ロジェの新作なら、せめてブログの肥やしにはなるだろう。スターウォーズの同人映画を観るよりは大分マシだろうと、そんな程度の理由である。 「マーターズ」はどこからこの映画の着想を得たのか、なんだか不思議なへんちくりん映画で、「トールマン」も同じく個性的な映画だったが、今回の「ゴーストランドの惨劇」は比較的にわかりやすい「田舎に行ったら襲われた系映画」といえる。ど真ん中「悪魔のいけにえ」の系譜に連なる映画である。 ストーリーは母と姉妹の3人家族が田舎に来たら変態にいきなり襲撃されるという、ただそれだけのお話。 ただ、ネタバレしないように伏せて書こうとすると表現に気を使うのだが、現実と、極限状態の妄想と、「ゴーストランドの惨劇」という名の小説、の三重構造のお話となっており、観客はどれが真実でどれがひっかけの嘘話なのか、だんだんわからなくなっていく。