adolf45d.com
ゆく年くる年 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
トレーニングの頻度について。「クライマーズコンディショニングブック」より引用 今年は前半は公認心理師試験とボルダリング。 後半はボルダリング、ボルダリング、ボルダリング…という形で走り抜けた一年でございました。ほんとそれだけでした。まー私生活も仕事もまあまあ充実してたんですけど。 それにしても、今年が異端なのは珍しく勉強して資格を取った、というのも勿論だが、特筆すべきはボルダリングとの邂逅であろう。ここまでハマるとは想像だにしていなかった。もはや仕事もプライベートも全て侵食する勢いである。肉体から脂肪はごっそり削ぎ落とされ、カチカチの痩せ体型になってしまった。。醜く弛むよりはいいだろう。 週に3、4回はジムに通っていたが、最初は体も弱く長い練習時間は無理だったが、夏を終えるあたりから一回の練習時間が延び、怪我がかなり増えた。 まずは夏頃3日続けて登っていたら3日目にきっちり腰を痛めた。思えばそれが最初の怪我だった。 同じ月、高難度ジムと横浜では有名なとあるジムで、スラブ壁から転落してマットに着地できず別のホールドを踏んでしまい、右足を捻挫。それでも変わらぬ頻度で練習を続け、それどころか自宅で片足スクワットの練習をしていたら完全なる故障。治る頃には首を痛める事故が同じ月で2度続き、けっこう長い時間痛みとコリに悩まされた。 それ以降はジム通いを週2回に減らし、練習時間を減らそうと努めたが、あまりそれは長く続かず結局2日に1回はジムへ行き、1回の練習時間は今や3〜4時間超えが当たり前で、5時間を超えることもある。 それでも飽き足らず体重を減らそうとレスト日にはジョギングをはじめ、自宅で靴下履いたままサイドプランクをしていたら軸足の腓腹筋腱を痛めた。にもかかわらず翌日もボルタレン飲んでテーピング巻いて登り、登りながらなんとなく治ってしまった。 これほど怪我をしつつ、体を痛めつつもやめられぬ中毒性。楽しすぎなんだよね〜。もはや、登らない人達がなぜ登らないのか疑問に思えてくるほどだ。 とはいえ、10月頃の首の負傷はこたえた。一度目を痛め、治ったと思ったらまた痛めたのだ。かなり心配になった。理由はたぶんオーバーユースだ。クライミングで首をオーバーユースする人は少ない。スマホ見過ぎで異常なまでに首が硬く、そこに全力で上を見上げ壁を登るという行為が加わり怪我をもたらしたに相違ない。