adolf45d.com
少子化 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
国が挙げてる少子化対策は完全に検討違い。 もはや政策を作ってるジジイどもは自分らがもう子作りなんかする当事者ではないから、時代が変わったことにも気がつかず、虚しく無意味な対策を並べ立てる。警察や消防署が時代劇みたいな訓練をカメラの前でPRとしてよくやってるが、アレと同じ。お仕事してますよ〜という単なるポーズ。本当に解決しようなどとは考えてすらいない。子作りしないのは子作り世代のお前らがちゃんと腰フラねえから悪りぃんだろ、バーカと思っている。今日はこの辺を切っていきたい、切りさばいて斬り捨てたいと思っております。多分長文になります。ジジイと異世界ファンタジーに夢中なガキは帰ってくれ。君らには関係のない話だよ。 少子化が進む理由はいくつもあるが、そもそもの大前提として、 「フツーの日本人は結婚しないと子供を作らない」 という大前提がまずあり、ゆえに ①「日本人はなかなか結婚しない」と、 ②「やっと結婚しても晩婚化してるから作ろうとしても高齢出産となり、作りたくてもなかなかできない」との現実が重くのしかかってくる。 で、①についてだが、これは⑴結婚できるが面倒くさがってなかなか結婚しないグループと、⑵結婚したくてたまらないがどうしても結婚相手が見つけられないグループと、⑶結婚するが子供を作る前に離婚してしまうグループ、とに分けられるだろう。 ⑴はエリートコースを歩む真っ当な人間である可能性が高い。 ⑵はわかりやすい敗北者。落ちこぼれ。低収入。ブサイク。デブ。アグリージャパニーズである。 ⑶ヤンキーとか、思慮が欠けた低知能群である。昔からどこにでもいたが、社会的理由で昔に比べて離婚しやすくなったためかなり急増したグループである。 こう考えると、⑴⑵⑶と分かれる中でもかなり層が違うというか、対策立てるにしてもこれらの全く違う社会階層のグループを想定できなければならないというのはガキでもわかるはずだが、この国の役人にはそれができない。ガキ以下の知能しか持たないからである。だいたい男女でもだいぶ事情は異なる。その程度のケアもできない連中を高い税金で養ってるわけだ。もったいねえ〜