adolf45d.com
怪我 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
先々週にボルダリングのやりすぎで首を痛めておまけに右足首も捻挫したという話をしたと思うんですが、足はまあまあ治ったけど、こないだの土曜に登ったら翌日の夕方ごろからまた首が激痛!しかも今回は前よりもっと痛いし全く首が回らない。患部を軽く押すとまた激痛。なんなんだこれは…? なぜ怪我をしたのか、また自己洞察してみる。 (ボルダリングをはじめてみようかという方は参考にしてください) ボルダリングは怪我が多いスポーツです。俺なんて40近いんでなおさら怪我しやすい。若いと筋肉は強くしなやかで、怪我しにくいし怪我してもすぐ治る。 ボルダリングで一番多い怪我は指や肩、またよく聞くのは腰である。指は腱がパキッと音を立てて切れてしまう。パキるとよく表現されるぐらいメジャーな怪我だ。こうなると一、二ヶ月は登れなくなってしまう。 最初の頃は課題も簡単なんで、体にかかる負担も大きくない。無理やり力任せでも登れるし怪我もしないが、俺の場合4級ぐらいになると世界が変わった。4級と5級の差はかなり大きいですね。 俺の場合、春頃ボルダリングを初め、週三、四回練習してたら、夏前には4級が登れるようになった。そこから停滞の時期は長く、夏が終わる頃まではひたすら4級課題をガチ打ちしまくる毎日だ。 4級はどんな優れたアスリートクラスでも、初心者では絶対に登れないといわれる級だ。実際登れちゃう人もいるかもしれないが、まず凡人には無理だろう。数ヶ月マメにジムに通い、真面目に一心不乱に練習した人だけが4級を安定してクリアできる程度に上達し、体も強くなる。 個人的に4級の時点で人間の最初の限界は軽く超えてると思う。それほど4級は難しい。若けりゃまた違うと思うが、40前後のおっさんにはかなりしんどい世界である。 俺も夏頃は体も強くなり、長時間の練習に体がついてくるようになってきた。だいたいジムで練習する時間も仕事後1時間ぐらいだったのが、2時間〜3時間ぐらいに増え、頻度もさらに増え、3日続けて登った日もあった。しかも全部休憩ほぼなしのガチ打ちだ(3日目に腰を痛めたが、2日後には治ったのでこの時には体が強くなったのだと逆に自信を深めてしまった)。グレードの更新だけを目指し、軽い簡単な課題はほとんど登らず、どっかぶりの4級やら難しめの5級やらを踏破しまくった。