adolf45d.com
筋肉は裏切らない | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
朝起きたらいきなり首が回らなくなっていた。 一ヶ月前には右足首を捻挫したが、気にせずボルダリングしていたのだが、今度は首だ。 もちろん首を打ったり捻ったりした覚えはない。でもむち打ち症に似た症状だ。少し時間が経ってから痛くなってくるとこが似てる。 激痛で全く首が動かない。腰痛用に常備してるボルタレンテープを貼り、同じく腰痛用に常備してる飲み薬のボルタレンを飲み、仕事をする。 長らくこの世で裏切らないのは金だけだろうと思ってたが、もう一つ最近見つけた。筋肉だ。筋肉も決して宿主である俺を裏切らない。筋肉は鍛えておいて損はない。筋肉は絶対に役に立つし、持ってて腐ることはない。 しかし、筋肉は金と違って使わないとどんどん減っていく。使えば減る金とは正反対だ。使わないと減るということは、使えば使うほど増えるということでもある。 筋肉を増やすのはエコノミーだ。金はかからない。 ただし、筋肉は金を払っても何をしても、チートのような手段でいきなりボンと増やすことはできない。コツコツとした日々の努力が求められる。科学的で緻密で、計算に基づいた、トレーニングプログラムとストイック極まるカロリー計算が必要だ。 俺はOccupational Therapist(同業者に検索で辿り着かれたくないから英語で書くけど)だ。筋肉にはそこそこ詳しい。でも、筋肉を増やす具体的なプロセスに関しては全然教わってなかったんで、結局その辺のアスリートやボディビルダーの経験則をいくつか採用して自分なりのメニューを考えた。 筋肉は増やすだけでは重たいだけだ。強くしなければならない。 筋肉を強くするには筋肉を追い込まなければならない。追い込みすぎると怪我をする。ボルダリングは自分の肉体の限界を常に試されるスポーツだ。筋肉は信じられないスピードでめちゃ強くなる。でも怪我は切っても切れない。 ボルダリングのし過ぎで首と肩が限界を超えたのだろう。いつもゴールを目指して上を向いてるし、指も前腕も肩も大胸筋も広背筋も酷使する。大胸筋の損傷は後頭下筋群にも影響する。 最近は練習時間も一回二時間三時間ぐらいを平気で超えてたし、頻度も週に三、四回は行っていた。やりすぎだ…。わかっていたが怪我をするまで認めたくないものなのだ。