adolf45d.com
リビドー | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
フロイトの理論に局所論というのがある。 局所論…何の印象にも残らない言葉である。 局所ってなんだ?チン×かよ?と思ったが、フロイトは他にも色んな理論を提唱している。 構造論…何だそれは…まったく印象に残らない。 さっきの局所論と混ざってどっちがどっちやらという感じである。 「井戸の構造」なんて覚え方をしたものだ。 イドとは本能に近い言葉だ。人の心はイドとエゴとスーパーエゴから成る、という考え方。性欲もイドから生じる欲動である。 フロイトによれば、イドはリビドー…つまり性的エネルギー=性欲を満たそうと働く。そのエネルギーたるや強烈だ。 スーパーエゴは道徳心だ。イドがなりふり構わず性欲を満たそうとするのを監視し、抑制する。 エゴはイドとスーパーエゴの調整役だ。性欲は暴走するのも抑圧するのも健康に良くない。社会的に望ましい形で満たそうと調停役をかってでる。 よって、イドは様々な形に置き換えられる。 例えばスポーツや芸術だ。 ちなみにフロイトのいろいろな理屈は、こじつけに次ぐこじつけの塊であり、今やまったく科学的な根拠は認められていない。エビデンスゼロだ。フロイトの理屈から作られた精神分析は、最も高名な心理療法だが、日本の国での扱いは極めて低い。 そもそも心理学そのものが科学として危ういと見なされている。唯一アメリカでは認知行動療法(CBT)という名の現実的かつ理論的な心理療法がエビデンス(治療根拠)を認められている。日本でも医師が施した場合にのみ保険点数が認められる。(数多ある心理資格が一つも認められてないのは皮肉そのものである) フロイトも根拠がないなりに人間の心を明示化するために真剣に考えに考えたのは事実のようで、与太話だと思って舐めてると意外ともっともらしいことを書いてたりする。 とにかく、人間が性欲を満たそうと動くってのは色々示唆に富む。 人間=男しか想定してないかのような書き方は時代を考えればまー仕方がないだろう。フロイトが活躍した時代のヨーロッパは深刻な男尊女卑社会であり、ファシズムとコミュニズムが絶滅戦を繰り広げる揺籃の地となった。