adolf45d.com
ナチスと麻薬 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
やっと書き終わりました。 公認心理師試験を受けようと思い立つ1ヶ月前ぐらいから細々書きはじめたんだが、半年以上も経ってしまった。 ノーマン・オーランの「ヒトラーとドラッグ」が元ネタの大部分なんですけれども、一部「普通の人々」からネタを拝借し、アルコールと集団銃殺の親和性を付け加えさせて頂きました。 覚醒剤とアルコールいうとだいぶ違うと思うかもしれないが、独裁的な組織が人を外部からコントロールする為に使用する薬物、という意味では似たようなものだと思っています。 アルコール飲むと、ついつい普段抑え付けているあらゆる情欲が顔をもたげ、あまつさえ実行に移してしまうでしょう。 もちろん、酒は飲めば楽しい気持ちになりますし、恋愛においては推進力にもなりますが、飲み過ぎると犯罪に発展することも。ゆめゆめ酒は呑んでも呑まれるな、であります。 第三帝国が無敵かつプロフェッショナルな戦闘集団との通説は、軍オタ男子の心を捕まえて離さないわけですが、ノーマン・オーランははっきりとこれを否定します。 オーランの「ヒトラーとドラッグ」は歴史書にしては「豊かな想像力を働かせ過ぎ」と批判もあるが、アントニー・ヴィーバーは「衝撃的なスクープ」と絶賛。まさに賛否のわかれる評価だが、読めば第三帝国が、つうか1920年代からドイツでは麻薬がその辺のドラッグストアで処方箋もなしに余裕で買えたのだ、という事実を知ることになる。 強力なモルヒネ誘導体や、怪しげなアルカロイド、アンフェタミン、コカインまで。薬物の危険性に疎かった当時の人々は、まだそれら危険薬物の管理のありようを心得てなかったわけですな。 モルヒネは普仏戦争やアメリカ南北戦争で既に使用されており、注射針の開発は薬物による陶酔と直結しました。医学が発展すれほど、薬物で快楽に溺れるのも容易くなったわけです。 資源の少ないドイツは人工薬物を大量生産することになります。ワイマール共和国の頃から、ドイツには麻薬中毒者が山といました。 ちなみに、あらゆるヤクザ映画に登場するシャブ…覚醒剤はメタンフェタミンと呼ばれる物質で、日本の研究者が初めて合成に成功したものです。その論文をドイツの研究者が読み、また違った方法でメタンフェタミンを合成しました。それが覚醒剤ペルビチンです。