adolf45d.com
アンノウンソルジャー 英雄なき戦場 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
地味度100 つまらん度100 眠い度100 総合得点45 これまでにも何度も映画化や映像化がされているフィンランドの古典的名作小説「無名戦士」を映画化し、同国史上最大のヒット作となった戦争映画。 こんなイントロダクションを用意されると、本気で期待してしまった映画だがこれははっきりスカでしたでごんす。なんという眠い映画だろうか。文化の違いすら感じた。 フィンランドの戦争映画といえば、「ウィンターウォー」しか俺は知らないんだけど、まあ本当によく似た映画です。暇で仕方ない人は見比べてみて欲しい。 「ウィンターウォー」はいわゆる冬戦争を描いた映画。モロトフ・リッベントロップ協定締結後にソ連軍が北欧とバルト三国を手中にせんと迫った時代の話だ。バルト三国は為すすべもなくソ連に主権を明け渡し、NKVDによって政府を破壊され、国家を解体された。民族的活動家は強制収容所に拘禁され、短期間のうちにほとんど全員裁判も受けられずに銃殺刑に処された。その後はナチスがやってきて再び国家は破壊され、ユダヤ人が根絶され、国が復興するのに数十年を要した。 シモ・ヘイへが化け物としての世界最高の虐殺スコアを弾き出した戦争としても有名だ。彼はたった一人で542人のソ連兵を射殺した。英雄なのか大量殺戮者なのか、現代の価値観で裁くことはできない。 フィンランドは迫り来る圧倒的なソ連軍に対し、死に物狂いの抵抗により主権を守り抜いた。敬意を払うべき歴史を持っている。映画化されるのはごく当然である。その他の国々がソ連邦に呑み込まれ、どのような憂き目にあったかを思えば当たり前すぎる。 ただし、「ウィンターウォー」は火薬は多いし戦闘シーンも多いんだが、どうにも胸踊るシークエンスに欠ける映画なんだが、今回のこれもそう。本作は冬戦争で失われたカレリア地方を取り戻すために始まった継続戦争、つまり独ソ戦の局地戦を描いているのだが、どんぱちはそれなりにあるが実に眠い映画。戦闘にリアリティがなく、目新しさも皆無。 敵陣のソ連の描写が全くないのも減点である。というかソ連兵がとても弱い。ソ連兵は手榴弾投げてこないのにフィンランド兵は手榴弾や機関銃でやりたい放題。苦労してるように見えない。