adolf45d.com
聖闘士星矢を、語る | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
ここ半年ぐらいで、スマホゲームの「聖闘士星矢ゾディアックブレイブ 」にハマって毎日不毛なバトルを繰り返すうちに俺の中の小宇宙がどんどん燃えてきて、結局コミックスをほぼ全部買い直すという事態に至りました。何してんだ俺は。夏には試験受けるのに。 そこで、色々な外伝作品も読んだんすけど、やっぱり車田が書いた原作こそが至高だとの結論に至りました。 これは、はっきりいうならキャラクターものど真ん中な作品で、ストーリーは古臭くてありふれた内容なのである。 小学生の頃は無批判に何の主義も主張もなく、読むしかないから読んでいた感じである。テレビもついていたから見ていた。ただそれだけのはずなのに、なぜここまでアラフォーのど真ん中まできたこのワタクシが胸を熱くせねばならんというのか……。幼少期に体験したアレコレは一生人生を拘束するのだ。怖い話である。 スマホゲーム、ゾディアックブレイブの特徴はその地獄のごときガチャ仕様である。ゲームは戦って敵を皆殺しにするという、ただそれだけのシンプルゲームなんだが、勝つためには強いキャラをパーティに加えねばならない。その強いキャラを入手するためには数十枚クラスの一万円札が必要という仕様なのである。なんぴともこのことわりから逃れてこのゲームを楽しむことはできない。 そこで好きなキャラ、強いキャラ、思い入れのあるキャラをパーティに組み込むため、必要になるのは時間や努力ではなく、単にお金。それ以外の選択肢は完全に否定されており、課金せずにどうにか石をコツコツ集めたとしても、その低すぎる当選率を前に敗退するのがオチ。 まあ、そんなわけだがワタクシも意に反して結構な額を支払わされるハメになったのだが、そんなことしてまで手に入れたキャラ達はやっぱり大事に育てるわけだ。ゲームで使ってるうちに愛着もわき、原作を読み直したくなる。完全に策にハマっているわけなんだけど、もー仕方ない。 そんなわけでコミックスを読み直したんですけど、車田作品に流れる極端なまでにファンダメンタルな武士道の精神に気付かされたんすよね。今日はその話をします。 聖闘士星矢によくいわれる批判は、ワンパターンだよ、というところである。キャラが命を燃やして戦って敵と相打ちになる。で、何食わぬ顔でまた生き返って再登場。で、より強い敵とまた戦って相打ち…以降その繰り返し。