adolf45d.com
ウトヤ島、7月22日 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
衝撃度 100 緊迫度 100 窒息度 100 総合得点 95 ひゅ~~~ い、生きててよかった、、、劇場を後にしながら心からそう思った映画だ。 軽い気持ちで観てみたらとんでもない! あやうく「ま、いいかDVDで。」と見逃してしまうところだった。こいつは本気でやばい映画だった。なるべく画面がでかくて音の大きい映画館で観て欲しいところだ。 2011年7月22日、午後3時ごろノルウェー首都オスロの政府庁舎前で自動車に仕掛けられた爆弾が爆発。8人が死亡。午後5時にはオスロから40キロ離れたウトヤ島で銃乱射事件が発生。当時島ではノルウェーの伝統的な左派政党「労働党」の青年部(AUF)によるサマーキャンプが開催されており、何百人もの若者が恋にスポーツに、と夏を謳歌していた。 通信障害と警察の初動の遅れにより犯行は72分間に及び、69人が射殺された。 逮捕された犯人は狂ったイスラム原理主義者でも、血に飢えた共産主義者でもなかった。アンネシュ・ブレイビク、労働党の寛容な移民政策に反対し、明確なテロ思想をもって犯行に及んだ、キリスト教原理主義者の32歳の白人男性であった。 ノルウェーでは労働党の歴史は古く、19世紀から第二次大戦をはさんで今日までたびたび政権運営を担い、福祉国家としてのノルウェーの成長に貢献してきた。青年部のサマーキャンプは祖父母世代から綿々と受け継がれてきた伝統的な催しであった。ブレイビクはこのサマーキャンプで、元労働党首相グロ・ブルントランの暗殺を企んでいたが、彼女の到着が遅れると知るとターゲットを労働党の青年たちに変更。72分間で540発の銃弾を発射し、69人を殺害。犯行の最後の20分間で15人が殺害されたという。犠牲者は全部で77人。単独犯としては世界最悪のスコアである。 ブレイビクはノルウェーの最高刑である、懲役21年の判決を受け服役中。監獄の中のゲーム機をプレステ2からプレステ3に変えろとハンガーストライキを計画したり、2015年にオスロ大学に入学し、あろうことか政治学を専攻。これを認める、可能にしてしまう「福祉国家」ノルウェーの狂気に戦慄を禁じ得ない。 さて、↑のような前知識は余裕があれば持っていて頂いて、現実には映画を観るのに知識は必要ない。