adolf45d.com
ちいさな独裁者(der hauptmann) | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
信じ難く酷い実話 陰鬱度 100 お先真っ暗度 100 ヤケクソ度 100 総合得点 99 いやはや、、、 これ実話なんか…監督のインタビュー読んでると史実ベースに忠実に描きつつ、観る人それぞれが色々感じて欲しいみたいですな。声高な主張は特にない。 よって時代解説とか親切なアレコレは全部排除されている。よほどこの時代に詳しくないとポカーンとするのは間違いない。非常に玄人向けの戦争映画。 ドイツは戦後戦争映画の黎明期から陰鬱で全く希望のないドシンと重い奴ばかり作ってきた。しかも日本のように銃後をフィーチャーすることはあんまりなく、常に目線は前線の兵隊さんに向けられている。 この時代、戦勝国は連合国が大活躍し、能天気でお気楽で自国の偉大さを高らかと歌い上げるようなつまんない戦争映画ばかりだった。その点ドイツは「橋」に代表されるように、心底戦争が嫌になる反戦映画を50年代から作っていた。信用できる国である。これが戦争に負けたおかげなら何とも皮肉な話だ。 45年4月、大戦末期、ヴィリー・ヘロルトなる脱走兵?落伍兵?が空軍将校の軍服を拾い、寒いからとそれを身につける。周囲はヘロルトのハッタリに騙され、フューラーから全権を委任された特務の空軍大尉だと思い込む。んであれよこれよと惨劇が巻き起こる話の運び。話の展開はテンポ良く、退屈する暇もなく見通せる。 ヘロルトは似たような脱走兵をどんどん仲間にし、山賊の親分のようになって銃後を放浪する。野戦憲兵隊の上役と仲良くなり、軍の刑務所へ連れて行かれる。そこではまたまた似たような脱走兵や掠奪者が逮捕されて汚いバラックに収容されていた。 収容所を管理しているのは内務省と軍の共同なのかな?という印象でした。内務省のトップは親衛隊全国指導者のヒムラーで、ヒムラーは全ドイツ警察長官でもある。内務省=エスエスと警察が合体したお役所。