adolf45d.com
ザ・プレデター 違和感ありまくりの続編 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
こいつは参った。こいつは駄作だ。 スターウォーズもそうだが昨今過去の偉大な傑作のリバイバルが喧しいが、ことごとく失敗かましてるのは結局かつての観客が名作達の解釈を間違えまくっていたといういい証明なのではないか? かつての観客が勘違いパワーでクソつまらん同人作品を開陳し、思考停止群の盲目信者が崇め奉る。このような構図は許せないと断言したい。少なくとも何度もやっていいことではない。 一つ俺が言いたいのは、プレデターはアイアンマンじゃあねえぞということだ。うだうだと説明もいらん。わけのわからない何かが姿さえ見せずに襲ってくるという恐怖がプレデターシリーズ通しての醍醐味だった筈だ。 だった筈だ、、、と言ってしまうほどには俺もこのシリーズの大ファンで、どちらかといえば上でいう「盲目的信者」に位置する人間だ。80年代冒頭に産まれ80年代に少年時代を過ごした。俺こそが80年代の申し子だ。その俺がいうが、この映画の80年代の空気に固執するアチチュを褒めそやす姿勢があるがこんなもん80年代じゃねえ!つうかプレデターはどっちかっつーと80年代の映画だけど80年代の空気ってダセエよな、って姿勢が作品の根底にあった(断言)。それを原点回帰だ、帰ってきただの、こういうのしか作れねえのさ、、、なんて無骨さをフィーチャーすんのはお門違いもいいところ。断言するが褒めそやす連中は「プレデター」も「プレデター2」も地上波で観たことはねえんだろう。よくやってたんだよこのシリーズ。地上波で。ラテン美女が騎乗位でヤリまくる映像がお茶の間に普通にデリバリーされてた時代だったの!俺たちはママの横で股間押さえつけながらたっぷりもったいぶってやっと姿をあらわすプレデターの針鼠のようなかっこよさに度肝を抜かれ、結局美女の裸体で抜いてるのか引きずり出されたはらわたでシコってるのか全然わからねえというような血と精液の香りでむせ返るような少年時代を送っていたのだ。それがなんだこの偽物!映画館で文字通り反っくり返ったよ。参ったぜほんと。