adolf45d.com
夏はホラー映画 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
夏になるとホラー映画が観たくなるんですよね。しかもじとーっとネチっこくて薄暗い、日本のホラーが最高である。 平山夢明原作の『「超」怖い話』を借りたんですよ。 これは近所でずーっとレンタルされてていつまでたっても帰ってこないから「きっとカルト的面白さなんだろう……絶対大盛りで観よう(ごくり)」と思い痺れを切らしてツタヤディスカスでレンタルしたんだが、噴飯ものの駄作でごんした。多分怖さのクオリティは悪く無いはずなんだが、俺の目が肥えてしまってるんだと思う。全然満足できなかった。余計欲求不満が溜まってしもうた。 そこで、じゃあ、ということでもう怖いやつを!なんでもいいから怖いやつを!と考え迷わずチョイスしたのは黒沢清大先生の映画群だ。さあどれだどれにする、、、もうこの際一度観たやつでも構わねえぞ、、、ということで俺の中では「降霊」や「回路」や「叫」などが候補にあがったんだが、調べていると黒澤監督の新しい映画、全然観てねえな、ということに今更気づき、どうせなら観てないのにしようと思って「贖罪」を借りた。 ジャケからして「告白」の三番煎じぐらいに見えたが、黒沢御大のことだからそんな駄作になってるわけないな、と思い全5話、約5時間に及ぶDVDを一気にレンタルし一気に見通してしまった。相変わらず人間を顔色悪く撮ることに関しては宇宙代表ぐらいの勢いである。おばけなんか一匹も出てこねえのに素晴らしく不気味なドラマとなっていた。これテレビで放映したのか〜、、、2012年に、、、そんなもんがあったのか、と知らなかったのもショックだが内容も実にショッキング。よくテレビで放映できたものである。というかテレビの限界みたいなものは感じたけど、テレビドラマらしい超尺の物語で全ての重要な登場人物が女であるのも素晴らしい。現代女性のルサンチマンを代表するには御大もおっさんすぎるので細部はやや非現実的であったが総じて見ればまあまあ満足できたかな。綺麗な女を不気味に撮ることに関しては第一人者ですな〜。特に四人めのフラワーショップ店員の池脇千鶴の阿婆擦れっぷりにはゾクゾクさせられる。こんな女とズブズブの関係になって翻弄されてみたい、と思ってしまった。ポニーとエプロンがたまらん。あと小池栄子がいつもながら素敵である。女はケツでも乳でも何でもいいけど「うずもれたい……」と思わせないとダメだ。