adolf45d.com
戦後は遠くなりにけり | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
戦後、日本人は戦場をあまり語りませんでした。戦争を語った人はたくさんいたけど、「大変だった」「戦争は良くないよ」と言って終わりになる場合が多く、自分が戦った異国の戦場を詳細に語る人は多くなかった。代わりにめっぽう語られたのは銃後の困窮した生活、国内での生活だ。ひもじさや空襲、原爆の恐怖が何度となく語られた。語り手の多くは戦場を知らぬ女や(当時の)子供達だった。彼らは自らの父や夫が如何なる場所へ送り込まれ、どのような生活を送ったのかを知らない。兵士の多くは復員したのちも当時の話を滅多にしなかった。黙して語らず。あの世まで持って行く者もいたし、老境に差し掛かり漸く語り始める者もいた。古くなった記憶は多くの場合精確さに欠き、曖昧かつぼんやりした内容だった。 「太平洋の血なまぐさい戦場で、いかに勇敢に日本の陸海軍の将兵たちが戦ったか、アメリカ人以外、いったい誰が知っているでしょう?」 ジョン・トーランドは『大日本帝国の興亡』においてこう書いた。太平洋の血生臭い戦場は、アメリカ海兵隊が語り部となった。かつての敵国は最も洗練された民主主義を持って太平洋各所での死闘を時には客観的に語り、後世に伝承した。焦土と化した内地で生き残った日本人は、同胞が異国でいかに勇敢に、惨めに無様に死ぬまで戦ったのかをよく知らないままだった。太平洋〜東アジアに出征した兵士の多くは如何なるメカニズムのもとなのか、本当に信念と呼ばれる何かがあったのか、部隊が全滅し、自分も死ぬまで戦い続け、部隊の死傷率はほとんど100パーセントだった。狂信的な愛国主義なのか、戦死することで死と飢餓の恐怖から逃れたかったのか、家族に遺族年金を与えることがせめてもの意地だったのか、はたまた死ぬことが世間体だったのか、公式には国のために死んだのである。今では侮られ、軽んじられ、唾を吐かれてばかりのくだらぬ国家なる概念のために。 日本兵の狂信や常人離れした耐久性や勇気、国を愛する心は自然とインターネット界隈を席巻し、現代人を感嘆させてばかりである。だが、それがなぜそうだったのかというのは全然ぼんやりしたままである。