adolf45d.com
現実と幻想 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
最近はブラック企業に提供する労働の時間以外はほぼ全部家事に追われるか寝ているし、僅かばかりのプライベートは親しい人々との時間に捧げている。「万引き家族」以来、たぶん一本も映画を観ていないし、趣味的なものってほとんど何もしていない。ネット民から言わせれば哀れな社畜である。 現実社会に追われているといえば追われているのだが、仕事は楽しいしやりがいを感じている。だからこそ一生懸命にやっている部分も大きい訳で充実してるのは間違いない。人は社畜と憐れむだろうがそんなに辛くはないしけっこう毎日元気にやっている。 ただし、現実が充実するとどうも幻想世界での生活が荒廃するらしいとわかった。昔、苦学生だった頃も現実が忙しすぎて幻想が荒廃した(というかネットでの生活は廃業となった)。あの時は充実してたとは言い難かったが、要は現実の時間を犠牲にして幻想での生活をやりくりしてたのはあの頃も今も同じなんで、生活に追われて時間を捻出できなくなり幻想世界を維持するのが難しくなったのである。 今またその岐路にいるのを感じる。朝起きたら家のインターネット回線が死んでいた。いきなりである。ただ、繋がらない。昨日まで普通に繋がってたんで、機械の問題ではなさそうである。朝の時間、十分ほどコード類をいじくったり、モデムを電源繋ぎ直したりとかしていたけど、「まあいいか」とひとりごち、俺はいつものスタバへと向かった。そこで回線を復活させるために時間を使い、NTTに電話したりとかしてたら今日はこのブログは書けなかったであろうし、生活のために行うアレコレも何一つできなかっただろう。スマホで電波は使えるし、スタバに来ればWi-Fiも使えるんだしな、と家のネット回線はもはや優先順位としては下の方なのだ。なぜいきなりダメになったのかさっぱりわからないが、暑さでモデムが死んだのかもしれない。モデムの交換なんてどうやってやればいいんだかわからないし、NTTのどこへ電話すればいいんだかも調べなきゃ全然わからない。極度に複雑化されたシステムの中で、ひとたびエラーが起これば色々なものがドミノ式にうまくいかなくなるのはしょうがないのだろう。実際回線が死んで困ることなんて特にないのである。ネットはスマホで見ればいいだけだし。