adolf45d.com
DIR EN GREYー人間を被る……とAshのお話 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
僕が多感な高校生だった頃、とにかくキていたのがバンドブームである。 今思えば単なるブームだったとは思うのだが、当時はとにかく流行ってましたね。色んなバンドの曲がアニメとかバラエティのテーマソングに使われてました。今思えば異常だったと思います。インディーズで活動してるようなバンドが翌年にはデビューし、そのデビュー曲がヒットチャートのランキングに入ってたりとか。名もなきバンドがランキングを席巻し、波のように引いては消えて行きました。バンドファンの面々にとってはちょっとしたお祭りのようでした。 だいたい20年ぐらい前の現実のお話です_| ̄|○ 鳥肌実のネタみたいで鬱なんすけど、当時中二病ど真ん中の俺が懇意にしてたバンドは黒夢なんすよ。好きだったんだけど、このバンドには当時から本気でイラつかされました。かっこよかったのは化粧しておどろおどろしい歌を歌ってた頃で、インディーズ時代やデビュー当時の楽曲はなかなかに世界観形成という点では一本筋通っててヨかったのに、デビューしてほどなくしてギタリストが脱退したのを契機に、ペロッとヒットソングを量産するポップバンドに成り下がってしまったからです。(成り下がったという表現を使うのは間違ってるとわかってるんだが、俺もまだガキということだな) で、それはそれでそのままやってくれればなかなか良い感じだったんですよ。ヒットを狙いつつももともと神経質な音作ってたバンドだけに、おどろおどろしさの残渣みたいなもんが残ってたからね。世界観はまだ生きていた。問題はその後、ペロッとモッズに影響されたらしくやっすいパンク風のJ-POPをやりだしたんすよ。これが良くなかった。どこをどう聞いても元々のナイーブで閉鎖的な世界観は鳴りを潜め、急にゲイが男らしさを気取りだした如くとでも言いましょうか、とにかくクソのような音楽になってしまったのです。