adolf45d.com
ラッカは静かに虐殺されている | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
渋谷の「アップリンク」というミニシアターで観賞。 2011年より8年目を迎え、40万人もの人間が死亡し、なおも継続しているシリア内戦についてのドキュメンタリー。 いまやシリア内戦は戦後最悪の人道危機と言われる。 シリア内戦に関して、日本のジャーナリズムがいかに無為・無策かは説明の必要さえないだろう。あまりにひどすぎる。我々はシリア内戦に関して何も知らない。ろくすっぽ情報を与えられず、考える機会さえ奪われている。これほど残忍な内戦は人類の歴史をすべて遡ってもほとんど無かったのに、だ。日本のメディアは総理大臣の悪口のほうがよほど大事らしく、国民は何が起こっているかわからず関心もない。ワタクシはシリア内戦の全貌についてどうなってるのか知りたい、と強く思っているのだが、全然メディアは特集番組を組まないし、良い書籍も少ない。インターネットでWikipediaを読むのが関の山なんだが、読んでてもいまいち要領を得ない感じだ。複雑すぎるし、現在進行形の内戦ゆえ情報の検証が難しく、真実を確定できないからである。 また、日本のメディアは「残酷すぎる」とコンテンツとして自粛する傾向にあるのは周知の通りだが、その点シリア内戦の残忍さは折り紙つきである。「俄かにこれが全てこの通り本当だとは信じられないし信じたくない感じ」である。というわけで情報が少ない中、シリア内戦に関するドキュメンタリーがようやく日本上陸だ。アップリンクは他にもシリア映画のドキュメンタリーや劇映画を上映し、いわば「シリア内戦フェア」を開催しているらしい。要注目だ。 この映画「ラッカは静かに虐殺されている」だが、(原題は「CITY OF GHOST」)スマホを持った市民が戦後最悪のテロ組織「イスラム国」に占領された「ラッカ」における恐怖政治の実態について告発する姿を追ったドキュメンタリーである。監督はメキシコの麻薬カルテルと警察の壮絶な死闘を描いた「カルテル・ランド」のマシュー・ハイネマン氏。 シリア内戦は(今の所)ざっくり三つの段階に分岐する。 Ⅰ.反アサド勢力による平和的なデモを、政府軍がテロで鎮圧し、内戦に発展した段階。 Ⅱ.2014年にイスラム国が旗揚げし、シリア内戦に介入を始めた段階。三つ巴の内戦となる。 Ⅲ