adolf45d.com
吸血鬼とカルチャー | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
最近押し入れの奥からポロリと出てきたフランシス・フォード・コッポラの「ドラキュラ」のDVDを観ていて、その耽美かつ官能的かつおぞましい絵作りにしみじみと感動してしまった。なんて美しくて不気味な映画だろう。「エクソシスト」を思わせるざらついたフィルムの質感まで全て素晴らしいと思ってしまった。特にゲイリー・オールドマン演じるドラキュラ伯爵の下僕として登場する三人の女ヴァンパイアが最高。後にも先にも映画で描かれた「吸血鬼」でこれを超えるものはない。登場時間は短いが、キアヌ・リーブスがこの3人に襲われるシーンは我が映画人生で最も好きなシーンのひとつだ。 「吸血鬼」なる存在にいたく興味惹かれるようになったのは小学生も終わりの頃である。きっかけは完全に「ジョジョの奇妙な冒険」だったのだがすぐにブラム・ストーカーの「吸血鬼ドラキュラ」という19世紀に書かれた娯楽小説の古典に行き当たった。おれはこれを心底ゾクゾクワクワクしながら読んだ。素晴らしい読書体験。 同じような興奮を味わいたくて漫画や小説を中心に、吸血鬼が登場する作品はそれこそ片っ端から読んだが、なかなかマニアック趣味に傾倒する小学生を満足させることはできない。しまいには吸血鬼カルチャーが如何にして生まれたのか、なぜこうまで血を吸う化け物が登場する変態的な題材が大衆の心をつかみ、いちジャンルとして確立されるに至ったのか、調べに調べ、大人になってからもついつい吸血鬼系の題材の作品には傍耳を立ててしまう。 でも、いわゆるアクションとしての吸血鬼、例えば映画「ブレイド」や「アンダーワールド」みたいな、SFパニック+アメコミ調にクロスオーバーされたジャンルはまったく好みでなく、ガキっぽいなと感じてしまう。