adolf45d.com
カナザワ映画祭ルポ IN横浜 シネマノヴェチェント | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
いやはや、カナザワ映画祭も3度目となりますので、おれも結構な常連になったものである。。この日は「くろんぼ遊撃隊」という映画と、「ウォータパワー」というポルノ映画を見たらサクッとトークショーへ移り、夜は懇親会という流れ。月曜から40度の高熱で木曜からやっとふらふらと仕事に復帰したおれはおなじみの喘息に悩まされつつ車で会場へ。ひどい咳でまともに会話もできないんでこれは人に心配かけるし懇親会はパスだな、酒もどうせ飲めないな、と移動手段は車をチョイス。 つうかこうやって車で来れるというのが隔世の感がありますな。。。 それにしても「シネマノヴェチェント」って初めて聞いた映画館だ。。そんな映画館あったのか。。調べてみると横浜駅から京急でたった一つ隣の駅なんだが、名前すら聞いたことなかった。。おれは「シネマ ジャックアンドベティ」にはよく行くのだが、これも立地は超悪いが昔からお世話になっている。いったいどんなところなんだ。駅からけっこう歩くのも車をチョイスした理由の一つでしたね。 うわあ、、、、なんだこのシャッター街。。おれの故郷の町みてえだ、、信じられないほど活気がない。こんなところで商売になるのか…?? 映画館の中はこんな感じ。超狭い(笑)。 いたたまれなくなり近所のレトロなカフェへ。当然分煙なし。ここだけ時代に取り残されたみたいだな。。。不思議と落ち着くが。 カナザワ映画祭は映画マニアの極北が集まるアングラかつアナーキーな映画祭。セレクトされる映画はあらゆる年代やジャンルを超えてとにかくパンクで尖った映画ばかりだ。超絶平等でコスモポリタン。これまでにも「炎628」や「フルメタルジャケット」「ブラックホークダウン」「プライベートライアン」「Uボート」などなど、なかったことにされがちで、スポットの当たりにくい戦争映画にも日の目を見せてくれた。「戦争のはらわた」ドイツ語吹き替え版に独自に日本語字幕をつけるなど、手法は常に挑戦的で斬新。一介のオタクが「あーーーこういうことやってくれればええのになんでやんねえんかなああ、おれにやらせろ!」と思うようなことをとりあえず本当にやってブッ込んでくれる。こういう手合いは今や少ない。