adolf45d.com
人は食ってるもんがすべて? | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
前回の続きなんだが、うだうだ言いつつ自分自身も飯に関しては年々ストイックになってる。それどろこか人の知性は食生活に現れるものなんじゃないかと訝しんでしまう有様。というのもこれだけ飯食えプロパガンダが氾濫する世の中ですから、人の食生活もかなりテレビに影響を受けていると思うからだ。実際には食生活にはそれぞれで個別性が出るわけで、何を食うべきで何を食うべきではないかなど他者が干渉する余地はない。しかし、どうにもこうにも気になる。そんな栄養バランスでええんですか。。。と。一言二言文句つけたくなるのだ。 とりあえず、職場の昼休憩にせよ金曜の夜のディナーにせよ、他人が何を食ってるのかは興味があって、俺は常に目を光らせている(笑)。 若い奴はとにかくインスタント食品だ。安くて高カロリーで待つ必要がないからだ。うちの職場では若者が多く、異常なまでにカップ焼きそばが幅を利かせており、銃撃戦になったらとりあえずバラ開かれる迫撃砲や重機関銃のようなお手軽さでおもむろに持ち出される。すぐ作れてお腹いっぱいになるし、温かいしな。そしてあまり認めたくはないがけっこう美味いのだ。美味いのだ、というのはだな、おれも実際影響されて日曜日の昼飯にこっそり食ってみたからだ。あれって異常なまでに香ばしいので獣的なまでに食欲をそそるのである。「くそ……あんな健康に悪くて太りそうなものを……いともたやすく食いやがって、、、、このクソガキがーーー!!」と心の中で一通り啼いた挙句に我慢できずに食ったワケよ。 まあ、美味かったね(腕を組んで踏ん反り返って)。 あんな具もほとんどなく、スープを啜るという休憩行為さえできずにひたすら固めた粉を油で揚げて水道水でふやかしただけの代物をガツガツかきこむだけで何とか一食間が持ってしまうのだから恐ろしいな。美味かったんだが、あとで胸焼けがしたし、腹が膨れすぎて気持ち悪かったね。食った粉が全部腹の奥深くで沈殿してそのまま脂肪に変換されたような体感幻覚のようなアレコレを感じました。美味かったんだが毎日食おうとはとても思えないな。次食うのは東京五輪後でいい(真顔)。