adolf45d.com
食い物とイケメンと愛国 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
まあ、美女崇拝少女崇拝は昔からだとして、最近のテレビは音楽番組やニッチな企画モノが数を減らし、とにかく食い物とイケメンと愛国が幅を利かせている。 全てに共通するのは、努力不要で気持ちよくなれる娯楽ということだろう。 愛国はただ日本人であるだけでいい。白人様に日本人や日本の文化や日本のテクノロジーや日本のサブカル(アニメしかないが)を褒めさせるだけで良い。台本通りに褒めそやしてくれる白色人種であるならば、まったく問題なく誰でも良い。アメリカのタレントを雇う手間さえかけない。その辺の一般人を連れてきてカメラの前で喋らせるだけ。原価ゼロの水道水のような娯楽。多少の塩素臭さを我慢するだけで良い。簡単すぎる。安易すぎて言葉もないが、資本主義社会は金が神であるから、安い原価で高収益が叩き出せるならばなんでも崇めるのは事の理。 食い物は誰だって食うものだし、美味しいものを食べたい、との欲は誰でも持っても良い欲望として今や市民権を得た。何しろこの世の中、どんどんダメな娯楽が増えて行く。煙草はダメだ。ギャンブルももちろんダメだ。不倫は最悪の犯罪。かといって自由恋愛もけしからんし、物欲や収集欲にふけるのも今や悪。スマホばかり見てるとスマホ依存症外来への道が開かれているし、アプリに課金するのもギャンブル依存症と同罪の悪業。漫画やアニメは小児性愛という唾棄すべし犯罪への前段階として、忌み嫌われるべきものとして市民権を得た。←この辺は全部オタクどもの自業自得 認められる娯楽はスポーツと食い物だけ。 そんなわけでオリンピックのせいなのか愛国と、スポーツに汗を流すイケメンや美女アスリートに熱中せねばならない空気の中、唯一ババアやジジイでもガキでも不良中年でもエロい人妻でも誰でも持って良い欲として、食欲のみが許容される暗黒時代が到来した。 テレビつければとにかく飯、食い物、デザート、美味しいお酒、ニッチな大衆食堂、新鮮な魚介類、特別に手間暇かけて作られた野菜や果物、工夫して作られて案外美味しい缶詰…挙げきれないほどだ。食い物に関するコンテンツは山ほどある。