adolf45d.com
住宅ローン | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
最近は仕事がとても充実していて毎日が楽しい。人はほとんどの時間を仕事して過ごすわけですから、仕事が楽しくないと人生煮詰まるの法則は単純にいえる。仕事の内容や詳細をここで書いてもしょうがないので書かないが、昨年迷走した転職劇は結果的には大成功を収めたといえるでしょう。金も良くて毎月45万ぐらい貰えてしまう。金があれば当然この国でやることは一つ。豪遊だ。 ワタクシが思うに、人生はちまちま貯金できれば確かに良いのだが、楽しみゼロでひたすら貯金しても苦行になっちまうわけで、自分の給料で豪遊するのは正義だと思う。 貯金ばかりしていたとしても、そのうち住宅ローンを組むとしたらそんなささやかな貯金はぶっ飛ばされちまうのだ。何しろ個人で4000〜5000万ぐらい借り入れて、35年かけて返済するという奴隷システムがこの国のスタンダードで、首都圏に住まう特権階級たちは親の遺産でこの苦役を免除されるが、何のコネもない叩き上げの労働者は自分で借りて自分で返すしかない。 バカだなあ。今時新築だなんて。中古を安く買えば?空き家多いんやろ?と童貞野郎は口をそろえるが、不動産業会の一つのなんの変哲も無い常識として、「築20年以上の戸建の資産価値はゼロ」というものがある。知ってた?もちろん家買ったことがある人は知ってるだろう。常識だからだ。アホでも知っとる。確かに3500万円ぐらいの築35年の中古4LDKなんかが普通に売ってるのだが、銀行はそんな無価値な物件に金は出さない。つまりローンは組めないのでキャッシュでどん!みたいな買い方か、フラット35やゆうちょ銀行の住宅ローンなる貧困ビジネスを利用するしかないのだ。 銀行で金を借りれば金利は0.6%ぐらいで大したことはないが、フラット35やゆうちょ銀行で金を借りると金利は2%ぐらいとなり、金利だけでえらい差額となる。その代わり貧乏人でも金を借りれるし無価値な物件でも審査は通る。つまり金持ちほど安く金を借りれて貧乏人ほど高い金利に苦しむということになる。驚くことに、この国ではそれが当たり前のことなのだ。