adolf45d.com
デトロイト | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
な、な、な、なんなんだ〜〜この恐ろしくクソ素晴らしすぎる映画わ〜〜…… 凄いぞ〜凄すぎる〜。。95点をいきなり献上! 皆さんも是非大画面でご覧ください。 1967年にデトロイトで黒人主導の暴動があったらしいんだが、その時極右かつ白人のデトロイト市警が3人ばかし無実の黒人を銃殺刑に処したらしいのですが、その模様を証言と記録をもとに再現した映画。…という事で紹介は終わりなんすけど。 「ゼロダークサーティ」「ハートロッカー」で物々しい戦場の描写を培ってきたキャスリン・ビグロー監督。まあとりあえずどんな人物なのか写真を見て欲しい。 右のブロンドの人物ですが、このかた、確か今年で68歳の筈です。若々しいですね…他にも写真見ましたが、凄まじいプロポーションで、体型を維持されています。この時点で普段からストイックに生きる求道者なのかと思えてくる。60代でこのスタイルを維持できるのは凄い。 この猛烈女史が、デトロイトの街をまるでパレスチナ自治区のように、ユダヤ人ゲットーのように描き、抑圧するものとされるものを明確にしている。 圧巻なのは白人警官達の筆舌に尽くしがたい残虐性だ。特にデトロイト市警が完全なる悪玉として描かれているのだが、「ランボー最後の戦場」のミャンマー軍か、というぐらいに最悪な組織として描かれている。これには感動した。 当時のデトロイトは、黒人労働者の増加を嫌った白人富裕層が郊外に移り、黒人は白人達に阻まれて市外に出る事ができなくなり、まるで包囲されるかのような形となっていた。街の中心部では貧しい黒人が増加し、資本の流入が止まって仕事が減り、貧困と犯罪が日常だった。そんな黒人だらけの街を95%が白人で構成されるデトロイト市警が見回る。彼ら白人警官達は悪夢の如き黒人差別者達で、目を覆うような暴力性で黒人達を抑圧している。 ある晩、ベトナム戦争の帰還兵(黒人)をみんなで祝っていたら、デトロイト市警が殴り込んでくる。夜間の飲食店の無許可営業の嫌疑だが、黒人が固まるのを恐れる白人はこうやって黒人達を無理やり引き離し、トラックに乗せて連行し、汚い監獄にぶち込んでいた。それが日常だったのだ。