adolf45d.com
ティエリー・トグルドーの憂鬱 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
2016年のフランス映画。 最近映画はちょいちょい観てるんだが、一文字たりとも感想書く気にもならない駄作ばかりにひっかかり、ブログの肥やしにもならない始末だがこれは違う。 おれも中年無職で就活するという屈辱を何度も味わったので、この映画で描き出される「憂鬱」はめちゃくちゃ理解できる。なぜこの映画の主人公がこうなってしまったのか理解できるのだ。自分も10年後に失業したらまたこうなるかもしれないとの恐怖や不安をありありと感じた。 主演のヴァンサン・ランドンの演技がまず見事。ストーリーは51歳でリストラにあったおじさんが再就職するというだけの話なんだが、終始身につまされる内容で、フランスの中年就活事情が驚くほど日本に似てるのにも驚かされる。逆の意味でカルチャーショックだ。ひょっとして監督は日本の国をモデルにしたか、ひょっとして自分自身も日本人なんじゃないかと思ったぐらいだ。フランスが日本に似てるというのはよくわかった。 冒頭からして壮絶な既視感。技術研修を受けて資格を取っても「結局、実務経験がないと採用されないんですよ〜」と職安(みたいな係員)の人にあっさり切り捨てられてしまう。「4ヶ月もかけて取った資格なのになんだよそれは、最初から言えよ」と怒るおっさんだが「そうっすよね〜、お気の毒です」と言われて終わりというなんともムカつく展開(笑)。 ある場面では、スカイプで面接してたら 「当社はヴァージョン8を使用していますが、ヴァージョン7しか経験がないですか、、、はー、そうですか、、、給料や地位が下がるのは受け入れられますか?ん?もっとはっきりと答えて貰えます? あ、あと貴方のために言うのですが、履歴書の書き方がちょっとひどいっすね、、、自己PRからあなたが見えてこない、、、失礼、気分を悪くしないでくださいね。…では面接の結果は二週間後に。あ、大事なことなので最後に一つ。採用の可能性はかなり低いかと…ゼロではありませんが。では他の人も面接しなければならないので失礼します」 終始噛み合わない会話。 次に職安(みたいなところ)で面接場面をビデオで見てもらってフィードバックを貰う場面。