adolf45d.com
怖い絵展行った | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
上野の森美術館で開催中の怖い絵展に行って来た。なんだそれはと言われたらあれだが、怖い絵を見て下世話な好奇心を満たしつつ、絵を嗜む自分に酔うこともできるというお手軽な催しだ。難しいことを考える必要はない。「うわ〜こわ…」などと言っていれば良いのだから知能指数は3もあれば十分楽しめる。というわけで軽い気持ちで行って来た。 ひっ…… なんだこれはーーー!?というわけであるが、ワタクシも暇なので事前にどんな感じなのかを調べてから行った。これぐらい混雑することは想定内だ。土日に行くとディズニーより混むという不穏な噂を既にキャッチしていたのでこの日は6時起きだ。とはいえ、↑の画像は平日である。老人や主婦風の女性ばかり。この国の平日は男は戦闘服(スーツ)に身を包み、働くか少なくとも働いてるフリでもしなければならない訳だ。男尊女卑って本当か? 男もすげえ辛いぞ! 自殺者の7割は男だぞ?! リベラル様はその辺をどう説明するんだおらー つうわけで、↑の画像は既に館内を見学した後、悠々と「今から帰るか(ほじほじ)」とやってるときに撮った写真だ。インターネットを信じる奴なんて馬鹿だしぃ〜 内容としては中世から近世までの怖い絵画を紹介しつつ、歴史の薀蓄を講釈してくれるという素晴らしい内容。こういうのがシンプルでいいのである。というわけでかなり楽しかったのだが、館内は撮影禁止で写真は一枚もないので適当にググって印象に残った絵を紹介して行きたい。 レディ・ジェーン・グレイの処刑 なんだかよくわからないが9日間だけ英国女王になったけどすぐ死刑にされちゃった少女の絵だそうだ。全然知らないのでポカーンと見ていたが、処刑場面というアレな構図なのに何とも色彩豊かで色々詰め込まれた絵だ。真ん中の神父は「祈りなさい…」とか何とか言って慰めているそうである。アインザッツグルッペや、ベトナム戦争でソンミ村を破壊した米軍にもこういう従軍司祭がついて似たような仕事をした。殺す前にお祈りさえさせなかったのは共産主義者だけだ! 共産主義者は最悪。