adolf45d.com
「全員死刑」と「ゴジラ 怪獣惑星」 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
・・・を観た。ヒューマントラストシネマ渋谷というミニシアターで。というか「全員死刑」が目当てだったんだが、続けてゴジラをやるというからついでに観たのだが、ゴジラは個人的にはまったく受け入れられなかったので途中退席。ゴジラが出てきたのは数秒だった。あとは意味不明な説明台詞を延々聞かされて・・・というかおれももうこういうのは聞かずにスマホをいじることにしているので、映画を観たというよりはただ劇場で暗い中でダラダラしていただけ。気が済んだら出てきた。もう無理してチャレンジ精神を発揮させるのはやめる。時間も金ももったいない。 日本映画の悪口を言い出したらキリがないし、今までにも散々罵ってきたので今日はもうやめる。大人げないし、おれも何度も同じことを言ってて飽きてきた。。。とりあえずアニメに関していえば、キザッたらしいイケメン風のいつも聞くような声優が、物語のオリジナル性を著しく破壊している。意味不明な声優崇拝の文化をこそ真っ先に破壊してほしい。必要ないよ。 キャラデザも最低。何十年も宇宙船で彷徨ってたくせに、ヘアカタログでよく見るようなシャギーかかった無造作ヘアのなまっちろいイケメンのバトロワⅡ型主人公が、面倒クセえメンヘラ女みたくギャーコラと喚いてばかりいる。どこに魅力があるのかね・・? 頑張ってる風のイケメンが壁にぶち当たって泣き喚くというのがこの国の理想のヒーロー像なわけかよ。ンな話がある訳ねえだろう。現実は真逆だろうに。男は愚痴ひとつ言っちゃいけねえんだよこの国わ。ゴジラというタイトルなのにこれっぱかしもゴジラが出てこない。まったく話にならない。 と、いつものように日本映画を小ばかにするのは簡単だが、「全員死刑」はそうはいかない。これも日本映画の筈だが全てにおいて日本映画のテンプレをうまいこと外しつつセンス良く仕上がっている。海外暴力映画のオマージュが日本の荒んだ田舎ヤンキーの中でうまいこと昇華されているし(「パルプフィクション」や「ノーカントリー」など)、一見ただの馬鹿ヤンキー映画のようでいて普通に映画好きにオススメできる内容。展開は「冷たい熱帯魚」そっくりだが、製作陣もおなじ?とのことなんで納得。(ちょっと似過ぎな気はするが・・・)