adolf45d.com
孤独のおれグルメ スターバックス編 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
しばしばこういうネタ話を考える場所として、スターバックスを利用する。 僕は自分ちの周辺半径10キロメートル以内のスターバックスはほとんど全て把握しているし、遠出した時でもだいたい休憩するのに利用したりする。用途にあわせて店を変えるのだ。客の少なさがポイントである。休日の朝が居心地の良い店は大抵平日の朝はサラリーマンで混雑しているし、逆もまた然りだ。いつもいつも同じ店に行くと店員に顔を覚えられて話しかけられたりするので恥ずかしい。そんな訳で最近は同じ店には通わず、ローテーションするかのように店と店の間を渡り歩くようになった。面倒くさいことをしているな、との自覚はある。 スターバックスが好きなのか?といわれたら、おれのような中年男性がこんなオシャンティな世界を好きだと言ってるようでは痛々しい気がするので明言はしない。とはいえ、スタバのメリットはタバコの臭いが全然しないことだろう。あと、人恋しい人向けに席が密集していたりするかと思えば、人と近いのが嫌でちょっと離れた場所で一人で足を伸ばせる席もある。(おれは当然後者) 肝心のコーヒーの味はどうかといえば、これは正直酸味のあるタイプだのないタイプだのと、全然わからん。ただいえるのはけっこう濃いということだ。体調の悪いときに飲むのはお勧めできないぐらいだ。朝早く睡眠不足の状態で飲むと、胃がもたれて疲労で眠くなってくるんで覚醒効果はゼロだ。ドリップコーヒーのホットのトールサイズをマグカップで注文すると←(こんなかみかみなフレーズを毎回毎回よく客に喋らせるものだ。基本マグカップにして「ホットコーヒー」にして「Mサイズ」にすればいいじゃないかといつも思う。気取るのも大変だ)、なんとカフェイン含有量は260mgだ。ちなみに成人男性が1日に飲んで良い量は300mgという話をよく聞く。つまりお代わりをすると平気で危険量を超えてしまうのだ。実際おれはお代わりして体調不良になったことが何度もある。指が痙攣したり吐き気がしてくる。非常に危険なのでドリップコーヒーのホットのトールサイズをマグカップで注文してお代わりをするのには注意した方が良い。