adolf45d.com
無限の住人 劇場版 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
今朝朝一で観てきた。 無限の住人、木村拓哉主演という、近年これほど胸の躍らない企画もなかったが(まあそれでもジョジョよりはマシだけど)、木村拓哉の万次さんのビジュアルが思ったよりさまになっていたのと、残酷描写には定評がある三池崇史監督とのことでなんとなく気になっていた。 ちなみにワタクシは原作は全巻揃えているそれなりのファンだが、好きなのは序盤も序盤の閑馬永空あたりまで。無骸流辺りが出てき始める時点でこの作品は全部蛇足だと思っている。つまらないし、無駄に残酷で趣味が悪すぎる。 そんなワタクシの一番好きなキャラクターはシドヒシヤスと黒衣鯖人だ。特に黒衣鯖人の手裏剣が大好きなんだが、この映画ではまったく再現されていなかった。にもかかわらず後半万次が黒衣の手裏剣を持って、しかもぶん投げるという使い方をする。この辺を見てもわかるように原作に少しでも思い入れがあるとこの作品はまったく楽しめない。原作からの改変が多く、にもかかわらず原作の流れに囚われている。日本映画の悪しき因習にもど真ん中でハマっている。言いたいことが多い映画だ。 まず一つ良いのは、斬られたらちゃんと血が出ることだ。フツー時代劇は斬っても血が出ないし肉体も切断されないし内臓も飛び出ない。ここが一番不満なんだが、この映画では少なくとも血は出るし、手足ぐらいは切断される。切り株こそが重要だ。日本刀で斬り合いするのに血が出ないなんてそんなわけはないのだ。 この映画を補完するのに、念頭に置くべきは「十三人の刺客」のリメイクだ。この映画は「無限の住人」に似ているが、もう少しリアルで大人向けだ。 今回の「無限の住人」はとにかくガキっぽい。 もちろん、原作が漫画だからそう感じるのだ。漫画なら許される表現でも、映画にすると途端にガキっぽくて赤面してしまうようなアホくささが漂うものだ。この映画はまさにその見本である。