adolf45d.com
隻眼の虎 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
風変わりな映画だ。これも一種の抗日映画なのだろうか?こういう変な映画を観るのも楽しいものだ。的外れかもしれないが、ツラツラと感想でも書きたい。 大杉漣が悪い日本軍の将軍?か将校か忘れたが、そんな人物として登場。 ※ネタバレアリ 時代は1920年代?ちょっとわからないのだが、日本軍の着用する軍服を見ていると、1920年代後半から30年代前半ぐらいかな〜。 物語は歴史的事実とはあまり関係なく、引退したマタギが、山の神同然に君臨する宿敵の虎と殺し合うというカンジ。 こう書くと面白そうなんだけど、猟師(チェ・ミンシク)が、珍しく人道的なお父さんの役で、いつものキチガイな感じはまったくない。厳しいが情に厚いお父さん。一粒種の息子との親子愛がテーマの中心に据えられる。 日本統治下の朝鮮を選んだ理由はよくわからない。とりあえず、マタギの親父はその昔、猟を調子こいてやりすぎて虎に妻を殺されてしまうのだが、復讐とばかりに虎を殺す。しかし、虎にも子供達がいて、残された子虎を見ていると罪悪感でいっぱいになって銃を置きマタギを引退。ショボい山菜採りをしながら生計を立てていた。 そんな中、日本軍が朝鮮猟師を集めて虎狩りを始め、毛皮を売っぱらったりし始める。息子はショボい山菜採りなんかしたくないから、親父に逆らってこの猟師部隊に志願。三八式小銃を受領してにやけ顔。 しかし、いざ虎狩りとなると、虎はまさに化け物で息子はあっさり殺されてしまう。猟師部隊と一緒に日本軍の歩兵部隊も壊滅(笑)。虎1匹に為すすべもなくやられてしまう。 かつて自らの手で親を殺した小虎に、十数年の時を超えて今度は不肖の息子を殺されたチェ・ミンシクは、保安官に拷問されたランボーよろしく怒り爆発。虎と刺し違えて長年の因縁にケリをつける。 筋は王道で、悪く言えば驚きも何もない展開だ。 あまり日本統治時代を舞台に選んだ理由がわからなかったんだが、大杉漣が猟師部隊の親玉将校として登場。ただ、悪役としては全然インパクトがない。ちょっと偉そうで朝鮮人の気持ちがわからないだけ。つうか、ほかにそんな悪さもしないのだ。自然を敬い、無闇に動物を狩りたくないチェ・ミンシク側と、そんなもん知らんから毛皮で大儲けしなさいという日本側の構図が単純に示されるのみだ。