adolf45d.com
フジワラくん | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
4月もあっという間に中旬です。 僕は新しい職場で6連荘を終えたところです。今日一日休んだだけでまた明日から5連荘です。死にて~ 前の職場を辞める時、気に入った人にだけ連絡先を教えて飲み行ったりしていましたが、今月は新しい職場で苦労するのが目に見えていたのですが、それでも残る人間関係もあるわけで、こうなると辞めた職場にも意味があったと思えます。悪い気はしませんね。人間関係がどんな形であれ続いて行くのは。 そんな中、同年代の男の子?で異常に手〇キ風俗を好む童顔の中年男性がいるのですが、これがまた不思議な男で、仕事中は無駄口を一切きかず、口は石のように固く、たまに喋ったかと思えば手〇キ風俗に行った話しか話題の引き出しがないという人間だ。 ワタシはなぜかこの男と妙にウマが合い、しょっちゅう曙町※付近で昼間から吞んでいたのだが、彼は飲むとそういうお店に行きたくなるらしく、それでいつも曙町付近の飲み屋をチョイスしてくるというわけなのだ。仮にフジワラくんとしよう。 ※横浜のはずれにある歓楽街。朝鮮人と中国人とヤクザと障害者と老人ばかりの楽しい場所。 おれは最近ポリシーとして風俗には行かない、AVは観ないと決めたので、フジワラくんが「手〇キに行きたいっす」と言ったらそこんとこをわりとねちっこく説明し「行っておいで、おれはここで飲みながら待っているから」と促す。(自分のポリシーを人に強いるほどワタシは野暮ではないのだ) フジワラくんは「うっす!すいません隊長、行ってきやす!」と走って30秒の行きつけのお店に鼻息荒く駆け込む。おれは行ったことないんでよく知らんのだが、その手?の店は時間にすればわずか20分で、金額にすれば5000円ぐらいで事を終えることができるのだという。曙町の相場を考えればこれは格安だ。短い時間だからそんなものなのだろうか? たかだが30分程度だ。おれはいつも『騎士団長殺し』の秋川まりえの叔母のような心境で文庫本を取り出して、ただ、待つ。 フジワラくんはスッキリした顔で戻って来る。そうしてワタシたちは再度アルコールを飲みなおす。