adolf45d.com
赤い大公 ハプスブルク家と東欧の20世紀 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
とあるお客さんに「レビュー系の記事が全然ウけなくてやる気が起きないんすよ」と相談したら「レビュー系の記事はその作品を観て(読んで)ないとつい後回しにしてしまう」と言われてハッとした。 そう言われてみたらそうですよね、、、、おれもレビュー記事読むのって、その作品を観て色んな感情を想起して、他の人がどう感じたのか確認したい、、、、と感じた時に探して読むよなあ、、、しかも無意識に自分と似た感想を持つ人の記事を面白く読む。知らない映画や本のレビュー記事を読んで「おんもしろそう~~!!!」と感じることはほぼない(笑)。 自分がそうなのになにを期待していたんだろう、、、 じゃあ、おれが思うに、その本を読まなきゃ楽しめないレビュー記事ってのは全然ダメだよなあ、、、じゃあどうすっかなあ、、、と考えもまとまらないまま見切り発車するが、「赤い大公 ハプスブルク家と東欧の20世紀」のお話をしたい。イェール大学教授ティモシー・スナイダー博士の最初の翻訳本。書かれたのは2007年ぐらいと思われる。 これはヴィルヘルム・フォン・ハプスブルクを主人公にすえ、その親子兄弟親戚関係を絡めて、20世紀前半の動乱のヨーロッパを語り尽くした、伝記本と歴史本を兼ねる内容だ。 もう本の内容を語ってもどうせみんなポカーンとするんやろ? だったらもうそんな話はしない。訳文もカチコチのクソのように固いし、誤字脱字まである。この手の本で脱字を発見するのはけっこう珍しいと思うんで、あまりに訳文が固いから、校正する役割の人も適当に読み飛ばしていたに違いない。また、299ページを読むにつけ「ライヒスドイッチュ」と「フォルクスドイッチュ」の区別がついていない(笑)。スナイダー教授がこんな場末のツイッタラーでさえ知ってるようなナチ的常識を間違えるはずがないから、これは訳者と編集者のミスであろう。あれ~~??慶應義塾大学教授のはずなのにな~~~。。。 スナイダー博士の貴重な邦訳本だというのに、相変わらず日本人はこれを適当に取り扱っている。罰当たりと言うしかない。(しかも、この辺を指摘しているのは多分日本でおれだけだ。みんな本当に読んでいるのかな?)