adolf45d.com
ミノタウロスー佐藤亜紀 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
最近知った佐藤亜紀氏の2007年発表の作品。ここ数年で一番度肝を抜かれた作品だ。すごすぎる内容。開いた口がふさがらないまま一週間弱で読了。こんなに熱中したのは久しぶりだった。 おれにとっては今後間違いなく最も重要な作品となるに相違ない。極めてよく書けた小説だ。書いた人間は正真正銘の天才。こういうことがおれもしたかった……こういうニッチな鬼才が存在するなんて知らなかった・・・改めて自分の見識のなさと情報源の乏しさに恥じ入るばかりである。 ロシア革命前夜のウクライナで、成り上がり地主の次男坊として産まれた主人公ヴァシリーの視点で、革命による見知った世界の崩壊と、暴力の荒野に投げ出されたあらゆる人々の地獄絵図が描写されている。日本人作家の手による海「外」が舞台の「外」国人が主人公の「そとそと」小説だ。「そとそと」は商業ラインに乗せるのは困難で、大抵の作家が避ける題材。おれはここで何度も語っているが「そとそと」小説の大ファンなので、これは涎をすすりながら楽しく読みました。 この佐藤氏がすごいのは、綿密なまでのその時代の空気感の描写だ。まるで1913年のウクライナのド田舎を見てきたかのように描写している。この元ネタは各種の海外文学なんだろうが(多分ドストエフスキーの『悪霊』やバーベリの『騎兵隊』?)、相当歴史の知識も(おそらく研究者クラス)豊富で、その時代に流行っていた大衆小説や音楽など、カルチャーの知識も豊富なら、ウクライナのどん百姓がどんなふうに農作業をするのか、そういう農業の知識も非の打ち所がない。おかしいところあるのかもしれないが、大抵の読者はそれを指摘できないだろう。どうやって調べたんだろう…すごすぎる。。。