adolf45d.com
『騎士団長殺し』読了 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
いやはや、、、長かった~~~。。やっと読み終わりましたよ。どんだけ長いのよ、、、上下巻あわせて1040ページぐらい? 昔の文学作品みたくサクッと短くまとめてもらえないのかね~~と思ってしまったが、暇を持て余したこの一ヶ月、豊かな読書の時間を与えてくれた。そこにまず感謝申し上げたい。 これ読んでる人いるのかな? どの本屋にもできの悪いレゴみてえにこの本が上下巻と積み重なっているけど、これだけ長くてテーマがつかみにくい(つまり、あまりキャッチーではない)小説を、まとめサイトと異世界ファンタジー隆盛の時代に辛抱強く全部読む人ってあまりいないんじゃないの?と思ったけど、けっこう売れてるらしいんで読む人は読んでるらしいね。ただ、知り合いで読んでるという人には今のところ出会ってないけど(交友関係狭いので)。 ただ、ドストエフスキーの「罪と罰」も上下巻で1000ページぐらいあったけど、あれは読むのに半年かかった(当時おれは19歳で電車の中でしか読まないと決めていたので、あの分厚い文庫本を半年以上にわたって持ち歩いていた。アホですわ)のを考えればすいすいと読めたし、物語も構成が練られていて起伏があってスリリングに読み通せたと思う。 中盤は中だるみしたとこもあったけど、ラストは綺麗に伏線を回収してまとまりよく終わっている。この長さでこの手堅いプロットはさすがにプロの仕事だなあ、と感心してしまった。 ハルキたんはもともと河合隼雄と対談するような、哲学や心理学のエッセンスを作中にぶち込む人なんだけど、今作もいかんなくハルキ節が炸裂していた。イデアだのメタファーだの、一元論だのラプラスの魔だの、そういうのが好きな人にはたまらないのかな~~、いかにも女ウケ狙ったガキっぽい世界観かな~~と思ってしまったけど、相変わらず大学生一年生が初めての長すぎる春休みに読むのにちょうど良いような作風と読みやすさ。でも読書感想文を書けと言われたら困ってしまう。そんな感じだ。 感想文ってのは作品の可能性をその時点で閉ざしてしまう行為だと思っている。そこで明文化することで、無意識化に曖昧に存在していたアレコレを捨て去って忘却してしまうわけだ。 すべては空(くう)だ。